「 音響機材のお話 」 一覧

JBL 1Series104(104-Y3)|注意(後編) 画像

スピーカー レビュー JBL 104-Y3(1Series104) 後編|同軸モニタとしての実力は?!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー ーーーーーーーーーーーーー 【ご注意】 この記事はあくまで倉川知也の私感、 そして一部過激な表現が含まれております。 日本の音楽シーンでうまくやりたい方、 …

【注意】JBL スピーカー 104-Y3 と 1Series104 を買う前に氣を付けること|レビュー 前編

音楽プロデューサーの倉川知也です。   DTMer 界隈では IK Multimedia さんの iLoud がリリースされてから IK Multimedia iLoud Micro Mon …

MXL990 Midnight|画像

DTM 初心者にオススメのコンデンサーマイク MXL990

音楽プロデューサーの倉川知也です。   昨年、Antelope Edge Duo を導入して ANTELOPE AUDIO EDGE DUO モデリングマイク 【分割手数料0円キャンペーン/ …

SPL Track One model 2960 レビュー|マイクプリ初心者にもプロにもオススメのチャンネルストリップ!

音楽プロデューサーの倉川知也です。   実は、昨年末頃から手に入れては居たのですが。。。 余りにも良過ぎて 情報公開するかどうか迷っていた 『マイクプリアンプ』。。。 というか、 『チャンネ …

Apogee ONE レビュー|倉川が『アポジー ワン』を薦める理由

音楽プロデューサーの倉川知也です。   実は、今まで黙っていたのですが、 クラカワは『Apogee』社さんの『ONE』という オーディオインターフェースを かれこれ2年ほど前から愛用していま …

mora player で DSD 設定|画像

【無料】ハイレゾDSDデータがiPhoneで管理できる時代に?!〜mora playerがすごい件〜

※2019年2月1日(金)追記更新 (※現段階ではiOSメインのお話です) 音楽プロデューサーの倉川知也です。 ずっと書こう、書こうと思って 放置していたお話をやっと書きます。   そうです …

倉川知也|対談3

DTM・宅録初心者さんが歌録りをする際にオススメする機材とは

音楽プロデューサーの倉川知也です。   『知也塾』公式LNE → https://line.me/R/ti/p/%40rjl7589l に多く寄せられる質問の1つに   「歌録りを …

MOTU Zboxが地味にすごい|ギタリスト&ベーシストのサウンドが改善する?!

音楽プロデューサーの倉川知也です。   先日、某楽器業界の方から情報を頂いて 氣になっていたものを手に入れました。   MOTU 社 の Zbox です。 MOTU ZBox 【 …

Antelope Discrete8 レビュー動画

【動画あり】アンテロープ Discrete8(Discrete4)って何がいいの?

音楽プロデューサーの倉川知也です。   最近、話題沸騰中の Antelope (アンテロープ) 社、 入魂のオーディオインターフェース Discrete (ディスクリート) シリーズ。 &n …

Effects Bakery|エフェクター 画像

Effects Bakery レビュー|エフェクツ ベーカリー がヤバイかも!!!

※取り急ぎ情報まとめまで。実機触りましたら追ってエントリ立てます! ※最後にTwitterに投稿した動画を載せました!(2018.09.12) 音楽プロデューサーの倉川知也です。   クラカ …

サイト検索

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。