レビュー 音響機材のお話 オーディオインターフェース PCIバス接続

MOTU 2408mk3 Review|倉川知也のオーディオインターフェースレビュー

投稿日:2017年10月16日 更新日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



【お詫び】
なるべく簡潔に書こうと思ったのですが、思った以上に結構な文字数になってしまいました。。。
かなりボリューム感があるかもしれません。お時間のある時で結構ですのでごゆっくり御読みくださいませ。

Tomoya KurakawaのAudio Interface レビュー
Mark of the Unicorn 2408mk3

倉川知也|対談3

音楽プロデューサーの倉川知也です。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

以前から「やって、やって!」と言われていた
オーディオインターフェースのレビューについて
今回からやっていきたいと思います。

 

第一弾は、我々のスタジオで
メインとして鎮座し続けている

MOTU さんの 2408mk3 について
レビューしていきたいと思います。

 

MOTU 2408mk3 スペック情報

・同時24チャンネル入力&30チャンネル出力

・24bit / 96kHz
16、20、24ビットレコーディング(44.1、48、88.2、96kHz時)

・108dB S/N レシオ(A-weighted)

・スタンドアローン動作可能

・当時の市場価格 約¥200,000- 前後(PCIe-424カード付属)

 

倉川知也による MOTU 2408mk3 評価

motu_2408mk3(表)|画像

サウンド★★★★
 レーテンシー★★★★
 安定性★★★★
 マイクプリアンプ(非搭載)
 拡張性・操作性★★★★
 接続性
 将来性
オススメ度★★★

※Windows7 SP1環境にて使用時
※PCIeではなくPCI-424カードにて接続

 

次のページへ
 倉川知也による MOTU 2408mk3 レビュー



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



> 続きを読む 

-レビュー, 音響機材のお話, オーディオインターフェース, PCIバス接続

執筆者:

関連記事

JBL 1Series104(104-Y3)|注意(後編) 画像

スピーカー レビュー JBL 104-Y3(1Series104) 後編|同軸モニタとしての実力は?!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー ーーーーーーーーーーーーー 【ご注意】 この記事はあくまで倉川知也の私感、 そして一部過激な表現が含まれております。 日本の音楽シーンでうまくやりたい方、 …

VST2ファルダにT-Racks5の表記がない!!!

T-Racks5は完全VST3化したっぽい。。。

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー StudioOne で T-Racks5 が見当たらない。。。と思ったら。。。   T-Racks5 から 完全に VST3 化したっぽいですなw …

AntelopeAudio Discrete|画像

Antelope Discrete オーディオインターフェース、音良くない?!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 アンテロープ の オーディオインターフェース Discrete (ディスクリート) シリーズ、これ、ヤバイかも!!!2 業界初?! マイ …

Ultra Analog VA-2|画像

Ultra Analog VA-2 が激安?!199$ が 9日間限定で 3980円だと?!!!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   A|A|S Ultra Analog VA-2 が 9日間 85% Off!!!だと。。。 MIオンラインストア さんの 9日間限定の即納セー …

StudioMagicPluginSuite|MI7さんの画像

Studio Magicプラグイン・スイートのアナウンスがMI7さんでも開始!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   Presonusさんの日本代理店 MI7さんでも Studio Magic Plugin(スタジオ マジック プラグイン) の アナウンス開始 …

サイト検索

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。