「 投稿者アーカイブ:クラカワ トモヤ 」 一覧

倉川知也のほろ酔い雑談94|サントリー 海の向こうのビアレシピ〈オレンジピールのさわやかビール|動画 サムネイル

パナソニック GH3 今までありがとう!|サントリー 海の向こうのビアレシピ – オレンジピールのさわやかビール – 編|倉川知也のほろ酔い雑談94

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー パナソニック GH3 今までありがとう! サントリー 海の向こうのビアレシピ  -オレンジピールのさわやかビール – 編 倉川知也の音楽ほろ酔い …

Arturia 3Preamps|バンドル 画像

Arturia『3Preamps』ってどう?!|アートリア スリープリアンプ について

音楽プロデューサーの倉川知也です。   Arturia さんの 3Preamps というプラグイン Arturia 3 PREAMPS 価格:27950円(税込、送料無料) (2018/7/ …

Samplitude Pro X3|箱 画像

MAGIX Samplitude|サンプリチュード ネット資料まとめ。

音楽プロデューサーの倉川知也です。   タダでさえ日本で情報の少ない マジックス さんの サンプリチュード。 クラカワの備忘録的にエントリに 出来る限りまとめていきたいと思います。 &nbs …

Samplitude Pro X3 Suite|通常盤 画像

Samplitudeが激安セールしてる!!!【2018年7月22日まで延長】※まだやってんのかよ!wwww

※2018年7月18日(水)更新。 音楽プロデューサーの倉川知也です。   先日から、MAGIX社さんの Samplitude(サンプリチュード)というDAWに関して、 前編、否定的な観点か …

サンプリ記事|後編

Samplitude!倉川知也、DAWをサンプリチュードに戻すのか?!|後編

音楽プロデューサーの倉川知也です。   さて昨日エントリ立てた MAGIX Samplitude について触れた この記事ですが、本日、後編です。 Samplitude!倉川知也、DAWをサ …

Samplitude Pro X3|箱 画像

Samplitude!倉川知也、DAWをサンプリチュードに戻すのか?!|前編

音楽プロデューサーの倉川知也です。   Presonus さんが StudioOne4 を リリースされてから約1ヶ月。 「このままでは DAW難民になってしまう!!!」 と焦り、このところ …

DigitalPerformer9|BOX 画像

Digital Performerを導入?!倉川がデジパフォに戻る?!その理由

音楽プロデューサーの倉川知也です。   ちょっと前にStudioOne4関連の記事をアップしましたが StudioOne4の問題について|音質変化・音質劣化・サポート等 クラカワがStudi …

agehasprings Open Lab. vol.2|20180527

AgehaSprings Open Lab. と StudioOne オフ会と。

音楽プロデューサーの倉川知也です。   締め切りものがマジで スケジュール的に押し押しで、 そんなことをしている場合ではなかったのですが どーしても『直感』的に 「これは、絶対に行っておけ」 …

Waves|使わない ロゴ

Wavesプラグイン レビュー|倉川知也が積極的に使わない4つの理由

音楽プロデューサーの倉川知也です。   本日は超有名オーディオプラグインメーカーさんである Waves (ウェーブス) さんについて 忌憚のない僕の意見を書いていきたいと思います。 &nbs …

StudioOne4の問題について|音質変化・音質劣化・サポート等

音楽プロデューサーの倉川知也です。 今日はとても残念なお話です。 そして僕の仲間や近しい方々、 クラカワのBlogを読んでくださっている方々に 謝らねばならない事態となりました。   Stu …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。