「 投稿者アーカイブ:クラカワ トモヤ 」 一覧

MXL990 Midnight|画像

DTM 初心者にオススメのコンデンサーマイク MXL990

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   昨年、Antelope Edge Duo を導入して ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー ANTE …

SPL Track One model 2960 レビュー|マイクプリ初心者にもプロにもオススメのチャンネルストリップ!

音楽プロデューサーの倉川知也です。   実は、昨年末頃から手に入れては居たのですが。。。 余りにも良過ぎて 情報公開するかどうか迷っていた 『マイクプリアンプ』。。。 というか、 『チャンネ …

東方曲『無間の鐘 ~ Infinite Nightmare』のBullet IXアレンジがフル試聴できるように!

音楽プロデューサーの倉川知也です。   初期、というか1作目から 共同プロデュース的に関わっている 星のかけら くん率いる BulletIX(バレットナイン) さんの 東方Project ア …

Cubase|TK Review

DTMする際にオススメのソフトウェア3選|初心者からプロまで損をしないDAWとは?|その1 〜Cubase編〜

音楽プロデューサーの倉川知也です。   DAW を触りはじめてから今年で約20年。   レコーディングソフト について ずっと「これだ!」というものが定まらず、 試行錯誤しながら来 …

Apple Logic TK's Tips #001 ~Logicはとりあえず長押ししとけ!~|初心者向け アップル ロジック 簡単小技 その1

Logic (ロジック) の波形を自由に拡大・縮小する方法|お急ぎTips

  音楽プロデューサーの倉川知也です。   倉川のTwitter のフォロワーさんであれば すでにご存知かと思いますが、 クラカワのメインDAWが Apple Logic Pro …

Apogee ONE レビュー|倉川が『アポジー ワン』を薦める理由

音楽プロデューサーの倉川知也です。   実は、今まで黙っていたのですが、 クラカワは『Apogee』社さんの『ONE』という オーディオインターフェースを かれこれ2年ほど前から愛用していま …

小次郎4th|新ロゴ1

小次郎バンド|第4期 再開します。

※2019年6月24日(月)追記・更新 音楽プロデューサーの倉川知也です。   小次郎バンド、第4期として再始動します。   Kojiro バンド(小次郎4期として) 再始動します …

倉川知也|対談3

【参加者募集】音楽家・クリエイター向けの勉強会をはじめます

音楽プロデューサーの倉川知也です。   Twitter上でお話していた内容なのですが、 3月より音楽家・クリエイターさん向けの 『小規模な勉強会』 を、月に1〜2回開催しようと思っています。 …

IK Multimedia|ロゴ

【裏技】SampleTank (Syntronik)購入時の注意点・IK Multimedia製品に潜む罠

音楽プロデューサーの倉川知也です。   ちょっとおどろおどろしいタイトルですが 僕は IK Multimedia さんが嫌いではありません。   むしろ大ファンです。   …

音系・メディアミックス同人即売会|M3 ロゴ

M3-2019春参加者さま限定!激安ミキシングプラン開始!

音楽プロデューサーの倉川知也です。   初の試みとして 『2019春M3参加者様限定!激安mix企画』 を立ち上げました。 詳細はコチラから → https://peraichi.com/l …

サイト検索

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。