レビュー 音響機材のお話 オーディオインターフェース PCIバス接続

MOTU 2408mk3 Review|倉川知也のオーディオインターフェースレビュー

投稿日:2017年10月16日 更新日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



倉川知也による MOTU 2408mk3 レビュー

MOTU 2408mk3|サウンドについて

音については人によって好みや趣向性があると思うので
なんとも評価しづらいのですが
倉川作品のサウンドがお好きな方であれば
間違いなく氣に入って戴けるのではないか、と思います(笑

 

逆を言えば、
昔大ヒットした Fireface800



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

をはじめとする
RMEさんのサウンドがお好きな方には
ひょっとしたら『色付け感』があって
抵抗があるかもしれません。

 

これはMOTUさんのインターフェース全般に
一定して言えるのではないか、と思うのですが

RMEさんのインターフェースのように
良い意味でも悪い意味でもクリア、というか
無機質、冷静、というような
サウンドカラーとは真逆の

いわば良い意味での『音楽的』な色付けがある
というインターフェースだと
クラカワ的には感じています。

 

MOTU 2408mk3|レーテンシーについて

これが、とても驚愕したのですが、
僕のパーマネントバンドである
スマッシュドライブのギタリスト、

熊倉佳彦とPresonusさんのStudio192

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

PreSonus STUDIO 192【台数限定価格】
(送料無料) (2017/10/16時点)

と比較したところ、
レーテンシーが圧倒的に
2408mk3の方が体感的に速いと感じたのです。

 

接続性の項目でもお話しますが、
PCIという旧型の接続方法なのにも関わらず、
USB3.0を相手に戦える、というのは
かなりびっくりしました。

 

 

次のページへ
 MOTU 2408mk3|安定性



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

> 前のページへ  > 続きを読む 

-レビュー, 音響機材のお話, オーディオインターフェース, PCIバス接続

執筆者:

関連記事

Antelope|Edge Mic 画像

Antelope Edgeは絶対に買いだ!アンテロープエッジマイクを買うべき3つの理由

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   2000年台初頭にRODE(ロード)さんが RODE NT1 や NT2 などで コンデンサマイクの価格破 …

MI7さんサイト|藤井麻輝さん記事|スクリーンショット

藤井麻輝さんのStudioOneとStudio192 レビュー。。。だと?!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   あー、、、びっくりしたー!!! まさか、藤井麻輝 さんが StudioOne ユーザーだったとは。。。   https://www. …

MOTU Zboxが地味にすごい|ギタリスト&ベーシストのサウンドが改善する?!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   先日、某楽器業界の方から情報を頂いて 氣になっていたものを手に入れました。 ーーーーー スポンサードリンク …

UAD ApolloTwin|画像

UADプラグイン・機器をDTM初心者が購入する前に注意すること

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 UAD 関連機器・プラグインを 『盲信する』ということの危険性について2 そもそもUADプラグインってどういうもの?3 UAD Apol …

StudioMagicPluginSuite|MI7さんの画像

Studio Magicプラグイン・スイートのアナウンスがMI7さんでも開始!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   Presonusさんの日本代理店 MI7さんでも Studio Magic Plugin(スタジオ マジック プラグイン) の アナウンス開始 …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。