DAW パソコン系の話|Mac&Windows 音楽プロデューサー考察 パソコン関連のお話 Windows Samplitude|サンプリチュード

Samplitude!倉川知也、DAWをサンプリチュードに戻すのか?!|前編

投稿日:2018年6月28日 更新日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



倉川知也|対談3

音楽プロデューサーの倉川知也です。

 

Presonus さんが StudioOne4 
リリースされてから約1ヶ月。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



「このままでは DAW難民になってしまう!!!」

と焦り、このところ
様々な DAW 関連の検証を重ねてきました。

 

StudioOne4

StudioOne4の問題について|音質変化・音質劣化・サポート等

 

Digital Performer

Digital Performerを導入?!倉川がデジパフォに戻る?!その理由

 

しかし、ここに来て『まさかの伏兵』登場。

 

そうです。

あの伝説のDAWソフト、
MAGIX 社』の
Samplitude (サンプリチュード) です!

 

-------------
この『前編』では
Samplitudeに関して、問題点に焦点を当て、
割とネガティヴに語っています。

導入する利点について知りたい方は
後編』からどうぞ。
-------------

後編はコチラ。

Samplitude!倉川知也、DAWをサンプリチュードに戻すのか?!|後編

 

 

Samplitude|サンプリチュード について

 

クラカワも、まさか、
ここに帰ってくるとは思っても居ませんでした。

そう、伝説のDAWと言われた
Samplitude (サンプリチュード)。。。

 

しかし、実は10年ほど前に
Samplitude が一時期話題になっていたんです。

 

本日は Samplitude について
クラカワの超個人的レビューを
書いていきたいと思います。

 

サンプリチュードは音がいい?!
隠れた名DAW『Samplitude』とは??!

そうです。

「サンプリチュードってDAW、音いいぜ!」

というのがパソコンでレコーディングしている
界隈の人たちの間ですごく話題になったのです。

 

クラカワが初めて
『Samplitude』を知るのは
地元のリハーサルスタジオ、

スタジオ パークサイド|画像

Studio Park Side』のオーナーさんから
「Samplitudeいいよ〜」って勧められたんですね。

 

その時はレーベル立ち上げたばかりで
DAWについて乗り換える余裕もなく。。。

 

ただ、その後、クラカワにとっての
『マスタリングの恩師』とも言うべき
おおさん(@grazjog ) と出逢います。

実はその『おおちゃん』が
メインDAWとして愛用していたのが、
まさに『サンプリチュード』だったのです。

 

(※おおちゃんについてはコチラで詳しく書いてますので、ぜひw)

StudioOneの魅力まとめ その1〜S1の『音』について〜

 

Samplitude の音が素晴らしい!
Mac & Digital Performer から乗り換える

当時、
MacPro』と『Digital Preformer
という環境だったクラカワですが、

当時の DigitalPerformer の挙動と
そのサウンドに飽き飽きしてたんですね。
(MOTUさんゴメンナサイ。。。)

 

そもそも、
アナログ世代に育ったクラカワからすれば
当時の『DAW』自体のサウンドの
『音像』にかなり嫌氣がさしており。。。

 

「なんかないかなー。。。
 なんかないかなー。。。」

 

と、常に探していた矢先だったんです。

 

そんな時、おおちゃんから
サンプリチュード の再生音を聴かせてもらって、

「うぉぉぉー!!!
 なんじゃこりゃぁぁぁー!!!」

って、すごく感動したのを覚えています。

「DAWでこんな音、聞いたことないぞ!!!」

と言うほど、すごくクリアで太くて、
臨場感があって、ピュアな音だったんです。
(※当時のDAWとの比較ですからねw)

 

クラカワの記憶が正しければ、
2006年〜2007年ぐらいに
Samplitudeに乗り換えたと記憶しています。

 

当時は Samplitude10 だったかなー。。。

Samplitude10|箱 画像

 

 

Samplitude レビュー
サンプリチュード の問題点

 

当時、サンプリチュード、
音については素晴らしくて
導入して氣に入ってたのですが、
実は不満もたくさんあって。。。

結局、StudioOne へ移行していくのです。
まずはその サンプリの問題点、
クラカワの不満点から記載していきます。

 

1、OSが Windows 対応のみである (Mac非対応)

そうなんです。

サンプリチュードはWindows対応のみだったんです。

ちなみに、
2018年6月現在も Samplitude は
未だにMacに対応してないらしいんですね。

 

しかし。。。

おおちゃんに聞くところ、
開発が進んでいて、リリース寸前。。。

というところで
何故か発売に至らなかったらしく。。。

Samplitude for Mac』というのは
未だ『まぼろし』状態。。。

 

こちらでも前述しましたが、

Digital Performerを導入?!倉川がデジパフォに戻る?!その理由

クラカワは生ドラムなど
大きな音のする楽器は
MacBookProで外録。

事務所では自作Windows、
という制作環境なので
DAW は Mac / Win 両対応 必須。

実は、ここが
大きなネックになっているんですよね。

 

2、全部英語表示でメニューがわかりづらい

これも、英語が苦手なクラカワからしたら、
本当に面倒なところでして。。。

確か『英語』と『日本語』で音が変わる、
という説があったりするので
それを意識してのことなのか、
Samplitude は 日本語対応しないんですよね。。。

 

実はmixiで日本語パッチを作ろうと
されていらっしゃる方がいたのですけどね。。。
(http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1336481&id=47985356)

 

3、操作方法や設定が難解(というかクセがある)

これは Samplitude に関わらず、
『Cubase』など、昔から存在する
ドイツ製DAWに言えることなのですが、
とにかく『設定』や『操作』にクセがあるんですよね。

 

サンプリに関しては
日本語非対応なことも手伝って、
とにかく設定・操作しづらい。

当時、音楽を創ろうとする前に
慣れるまで何度もメゲたことがありました。

 

4、打ち込みなどMIDI関連機能が弱すぎ(改善済?)

まだ、新しいサンプリチュードを
使ったことがないのでなんとも言えませんが、

当時のサンプリはDAWというよりも
レコーダー』という印象で、

とにかくMIDI関連が弱い。

弱い、というレベルではありませんでした。

 

ただ、サンレコさんのこの記事を拝見すると
http://rittor-music.jp/sound/productreview/2015/10/46806

Pro Xへとリニューアルしてから、
特に力を入れているのが作編曲に関係する
インストゥルメントを含めたMIDI周りの機能。

(※中略)

かつてはMIDIに関して
不得手なイメージも少々ありましたが、
実はこの数年間でいちばん進化したのは
MIDIに関する部分なのです。

イベント・リスト、ピアノロール、スコアを
同時に表示可能なエディター画面は
視認性、操作性ともに良好で、
データを録音して修正するという
基本操作に関してはほかのDAWに見劣りすることは無く、
むしろキビキビした操作感は
快適でテンポよく作業ができます(画面②)。

Samplitude Pro X2|MIDIエディター画面

▲画面② 
MIDI編集では、ピアノロール、イベント・リスト、スコア・エディター、
コントローラー・エディター、
ドラム・エディターの5種類を
自由に組み合わせて表示することが可能。

画面をフルに使っての表示はもちろん、
最近流行のシングル・ウィンドウにも対応しており、
選択したオブジェクトを下部のMIDIエディターに表示させることもできる。

(※サウンド&レコーディング・マガジンさんの記事より引用)

 

どうやらMIDI関連に関して、
かなり劇的な変化があったようですね。

ちょっとこれは期待できそうです(ワクワクw

 

5、ドングル認証(解決済)

クラカワの大嫌いなドングル認証。

当時のVersionのサンプリは
WibuSystems』というところの
CodeMeter』というUSBキーを採用されていました。

Wibu|CodeMeter|画像

おおちゃんに聞くところによると、
Samplitude でのドングル認証は
廃止になったみたいです。

これもクラカワにとっては朗報です(嬉

 

6、Samplitudeは値段が高い

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MAGIX/SAMPLITUDE PRO X3 SUITE アカデミック版
価格:32400円(税込、送料別) (2018/6/28時点)

この サンプリは『アカデミック(学生)版』なので
そこそこお安いですが、日本の正規代理店である
HookUP(フックアップ)さんのサイトを拝見すると。。。

 

Samplitude Pro X3|通常盤|HookUp価格 画像

なかなかいいお値段。。。(2018年6月現在)

 

ちなみに、アップグレード版は。。。

Samplitude Pro X3|UpGrade|HookUp価格 画像

かなり強氣なお値段。。。
(2018年6月現在)

数年に1回、アップグレードが来るとして
3.5万はちょっと厳しいですよね。。。

 

コチラの記事でも書きましたが

Digital Performerを導入?!倉川がデジパフォに戻る?!その理由

StudioOne4 でも アップグレードに 約1.5万〜1.7万。

DigitalPerformer でもアップグレードに 約2.4万。

 

サンプリチュードはその上を行く高額さです。。。

 

7、samplitude の日本国内での情報が少ない

サンプリチュードについて、
MAGIX(@MAGIX_INT)さんは

「日本を市場として見てないんじゃないか?」

と、思うぐらいプロモーションが感じられません。

 

かくいう、日本の代理店である
フックアップさんも

「売る氣あるのかなぁ。。。」

という感じですし。。。

 

Wikipediaにも情報が少なすぎて、
「おいおい。。。」って感じでしたが、

めっちゃ検索しまくってわかったことが
現行の『Samplitude Pro X3』の
発売が2016年の6月頃のようでした。

リリースから約2年。。。

 

どうなっちゃうんだろうなぁ。。。

 

 

Samplitude を選ぶ理由とは???
なぜ倉川知也がサンプリチュードを氣になるのか?!

と、まぁこんな感じで、
いろいろとネガティヴなことばかりを
ガンガン書いて参りましたが(笑

 

たぶんこの記事を読んだあなたは

「Samplitudeはダメなんだなー」

という『結論』に至るか、と思うのですが
それはまだ早計というもの。

 

ただサンプリをDisるために
こんなに画像を貼ったり、
他サイトさんから引用したり、
長い時間掛けて長文書いたり。。。

なんて無駄なことは
クラカワ、しませんから(爆w
(ちなみに、ここまで書くのに4時間は掛かってます汗)

 

あれだけ氣に入っていた
StudioOne から 乗り換えるかもしれない、
という候補に挙げるぐらいですから。

 

今まで記載してきた、これだけの不満を
『ひっくり返す』ぐらいの『メリット』が

「現行の Samplitude にはあるかも」

という『クラカワの直感』があるんです。
(※クラカワの直感はかなり当たる確率が高いですw)

 

ま、でも今回は
余りにも長くなってしまったので、

Samplitude Pro X3 の魅力

については次回、
『第2話(後編)』へ譲ろうと思います。

 

次回の投稿、
ぜひぜひ楽しみにしていてくださいね!(笑

 

 

【追記】後編アップしますた!

Samplitude!倉川知也、DAWをサンプリチュードに戻すのか?!|後編

↑ ↑ ↑ 続きはコチラをクリック! ↑ ↑ ↑

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【人数限定】倉川知也公式LINEオープン!

友だち追加

 

全く無名の初心者から
数多くのアマチュアミュージシャンを
O-WEST、O-EAST、AX、ZeppTokyo…
などの大規模会場へ輩出してきた
音楽プロデューサー倉川知也と
直接お話しが出来る公式LINEがオープン!

 

ソロアーティスト、バンド、
これからミュージシャンを目指す方。。。

日々、たくさんの方から ご相談をいただいています。

倉川知也私設の音楽教室 『知也塾』のLINEと共有のため、
ギターやボーカル、様々な楽器の奏法、
コツや情報なども盛りだくさん!

その他、ブログで話せないムフフな
マル秘情報なども発信しております。

クラカワトモヤ 氏が起きている時であれば
作業の合間にもマメにお返事してくれるかも?!

クラカワ 氏の対応出来る人数までは募集をしておりますが
いつ締め切りになるかわかりません。

氣になる方は急いで登録をー!!!

 

ご登録はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加  

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

-DAW, パソコン系の話|Mac&Windows, 音楽プロデューサー考察, パソコン関連のお話, Windows, Samplitude|サンプリチュード

執筆者:

関連記事

IK Multimedia T-Racks Opto Compressor|画像

T-RackS の Opto Compressor が1週間無料らしいよ!!!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー     僕も10年以上愛用している IK Multimedia さんの マスタリングエフェクトである T-Racks (ティーラックス) …

倉川知也|対談3

アーティスト、バンド、音楽家としての質を上げるために必要なこと|その1

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   音楽プロデューサーの倉川知也(クラカワ トモヤ) です。   様々なバンド、アーティストの方から よく質問を受ける内容なのですが ー …

Ryuichiro Yamaki WORKS|画像

音楽プロデューサー山木隆一郎Worksのプレイリスト|Spotify & Apple Music

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。 『音楽家』としでだけでなく、 『人』として僕が尊敬してやまない ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 山木隆一郎 …

えっ!?(白黒)

【保存版】オススメ フリー音源 プラグイン まとめ

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 Free Plig-in Synth 侮れまじ!!! オススメ 無料シンセ音源プラグイン|※追記中1.1 Full Bucket Mus …

Native Instruments|KOMPLETE AUDIO 6 前面写真

KOMPLETE AUDIO6が激値上がりしとる!!!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 Native Instruments KOMPLETE AUDIO6 値上がり?!2 激安大手のサウンドハウスさんでもこの価格!?3 K …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。