倉川知也のKOMPLETE AUDIO 6レビュー(2017/06/15追記・再編集)

スポンサーリンク
Native Instruments|KOMPLETE AUDIO 6 前面写真DAW

※2017年6月15日更新

Native Instruments|KOMPLETE AUDIO 6 前面写真

僕のパーマネントバンド、SmashDriveのメンバーと

「何かプリプロで気軽に持ち運んで使えるような
オーディオインターフェースはないだろうか。。。」

というお話になり、一緒にいろいろ選定してみたのでお伝えしますね。

対抗候補は UR22、AudioBox 22VSL、Saffire Pro 14

 

当初、KOMPLETE AUDIO 6 の選定の候補に挙がったのが

・Steinberg|UR22

スタインバーグはヤマハさんが買収したので
ハードウェア的にマイクプリはヤマハのものであるだろうし、
音は間違いなく手堅いであろう。

24-bit / 192 kHzをサポートするのも魅力ではある。

次にこれ。

 

・PreSonus|AudioBox 22VSL

以前の僕はプレソナスさんってもともと
『安価メーカー』的なニュアンスで
ナメてたところがあったけど(Presonusさんごめんなさい…)、

「この値段でこんな音するの?!」

って実際音を聞いてみた時にぶっ飛んだ経緯があって。

DAWソフトであるStudioOneもいいし、
割と安心感があるメーカーさんなんだよね。

-------------

【2017年6月15日追記】

この記事でも取り上げていますが、
https://tomoya.kurakawa.info/archives/602.html

Presonusさんのハードウェアユーザーには
『Studio Magic Plug-in Suite』と言われる
通常普通に購入したら5〜7万円相当の
サードパーティー プラグインが提供されるという
とても素晴らしい待遇が。。。

-------------

 

 

そしてこれ。

 

・Focusrite Saffire Pro 14

あのフォーカスライトさんですから。。。

 

 

 

けど結局、KOMPLETE AUDIO 6に決定。

 

スタインバーグさんのUR22、192サポートは魅力だけど、
今回プリプロでドラムの仮RECしたいので入力が2つではモノ足りない。

 

プレソナスさんのAudioBox 22VSL は割高感がある。

 

フォーカスライトさんのSaffire Pro 14は
個人的に信用感のあるFirewireなのでいいなーと思ってたけど、
今回僕が所有するわけではないので

「さすがにIEEE1394(Firewire)は使いづらいだろうなぁ。。。」

ということで選から漏れてしまい。。。
(ちなみにコチラも結構なお値段。。。苦笑)

 

 

んで、結局これにw

 

・Native Instruments|KOMPLETE Audio 6

 

KOMPLETE AUDIO 6 レビュー|え?ドライバ不要なの!?

今回は、スマッシュドライブに新しく加入した
ベーシストさんのお買いものということでKOMPLETE AUDIO 6に。

 

規格としてUSBってやっぱ汎用性があって使いやすいからね。

 

んで、レビューなのだけど、
ベースの方はMacBookAir 11 ユーザーMid2013|OS10.9.5(当時)で、
まず驚いたのが繋いだだけで使えてしまったことです笑

 

「え?!ドライバ要らないの???」

 

一同驚愕。

ドライバを入れる煩わしさが無いのって、意外とありがたいんですよね。

 

KOMPLETE AUDIO 6 レビュー|楽器入力の音は?

 

とりあえず、ベースを繋いでみる。

 

僕の個人的過去の体験的に、
どうしてもMOTUのHD192やRME Fireface800などと比較してしまう。。。
(「そんなのと比較すんな」という声が聞こえてきそうだが…)

 

その基準値から考えると
ベースの音が若干なまる感じがするが、悪くはない印象。

 

ギターに関してはあまり気にならない。

 

単に中域に寄りの音なのだろうか。。。

 

 

KOMPLETE AUDIO 6 レビュー|D/A再生機としては?

MacでiTuneやYouTubeなどで音楽を再生してみる。

 

当然のことながら内蔵オーディオよりも
音の輪郭や奥行き感もステキな感じに。

 

これ、ハイレゾとかの再生機としても
結構入門機として意外といいかもしれないな、なんて思いつつ。

 

KOMPLETE AUDIO 6 レビュー|マイクプリの実力は?

スタジオにて仮ドラムRecにマイクプリを試してみる。

 

。。。驚いた。

 

思った以上に良い。

 

正直、ナメてました。。。

Native Instrumentsさん、ゴメンナサイ。。。

 

今回、仮Recだったので57を使用しましたが思った以上の音。

 

今までAVALON AD2022やALTEC 1567A、1678C…
様々なマイクプリを弄ってきましたが、

「全く悪い印象がしない」

という感じでした。

 

 

これは買い!Native Instruments|KOMPLETE AUDIO 6

1万5千円~2万円前後で手に入るインターフェースとしては
とんでもなくコスパが高いのでは、と思います。

 

S/PDIFを使っているとはいえ、6in6out。

 

MIDIの入出力。

 

上部にはメインスピーカー用の大きなボリュームノブ、
単一表示だとは言え、入出力信号の有無だけでなく、
音の大きさをカラーで視認できたり。。。

 

ヘッドフォンモニターのソースを
1&2chもしくは3&4chと選択出来たり。

 

上手に使えばこれで小規模ライヴハウスでの
同期モノとかも十分賄えそうな感じです。

 

これからDTMやDAWを始めたい!という方や
自宅にしっかりとしたシステムがある方で気軽に使いたい!

 

という用途のインターフェースでは僕的に現状イチオシ!!!です。

 

てか、僕自身が久々に欲しくなった
ポータブルインターフェースでした。

 

オススメです。

 

 

さーて、これを使ってスマドラの新曲つくるぞー!!!

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【人数限定】倉川知也公式LINEオープン!

友だち追加

全く無名の初心者から
数多くのアマチュアミュージシャンを
O-WEST、O-EAST、AX、ZeppTokyo…
などの大規模会場へ輩出してきた
音楽プロデューサー倉川知也と
直接お話しが出来る公式LINEがオープン!

 

ソロアーティスト、バンド、
これからミュージシャンを目指す方。。。

 

日々、たくさんの方から
ご相談をいただいています。

 

倉川知也私設の音楽教室
『知也塾』のLINEと共有のため、
ギターやボーカル、様々な楽器の奏法、
コツや情報なども盛りだくさん!

 

その他、
ブログで話せないムフフな
マル秘情報なども発信しております。

 

クラカワトモヤ 氏が起きている時であれば
作業の合間にもマメにお返事してくれるかも?!

 

クラカワ 氏の対応出来る人数までは
募集をしておりますが
いつ締め切りになるかわかりません。

 

氣になる方は急いで登録をー!!!

    ご登録はコチラ
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
友だち追加

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

タイトルとURLをコピーしました