音響機材のお話 マイクプリアンプ|MicPreamp チャンネルストリップ| Channel Strip

SPL Track One model 2960 レビュー|マイクプリ初心者にもプロにもオススメのチャンネルストリップ!

投稿日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



倉川知也|対談3

音楽プロデューサーの倉川知也です。

 

実は、昨年末頃から手に入れては居たのですが。。。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



余りにも良過ぎて
情報公開するかどうか迷っていた
マイクプリアンプ』。。。

というか、

チャンネルストリップ

がありまして。。。

 

今回、ネタバレ回になります(笑

 

そのクラカワ秘蔵のチャンスト、

それは!!!

 

 SPL 社 さんの『Track One model 2960』です!!!

 

 

安価で使えるマイクプリアンプを探して

さて、クラカワがなぜ

『SPL Track One model 2960 』

を選んだのか、というと、

クラカワのTwitter
ここ数年、クラカワの情報発信を
見ていてくださる方なら
ご存知かと思いますが、

はずかしながらクラカワ、2008年に
信用していた方に騙されてしまい
数千万の負債を残したまま
事業自体が崩壊してしまいまして。。。

 

その後、差し押さえなどもあり
所有していた機材を根こそぎ
持って行かれてしまったりしたんですねw

 

機材が持って行かれるだけではなく、

当然、クレジット等、分割購入、
そして融資など受けられなくなりますので
予算は当然かけられず。。。

 

しかし、会社運営している当時、

所有していた AVALON 社 の AD2022

の音が忘れられず、
ずっと悶々としていたわけです。

約10年以上も。。。(笑

 

 

最強コスパのマイクプリ&オーディオインターフェース
Antelope Discrete8 との出逢い

そんな中、昨年2018年に
信じられない製品が発売されます。

Antelope Discrete8 です。

(※こちらは先日発表された後継機『SynergyCore』ですw)

 

Discrete8 については
以前の記事を参照していただくとして。

Antelope Discrete シリーズを買うべき3つの理由|Discrete8・Discrete4

確かに、Discrete8 のマイクプリは

『オーディオインターフェース付属』

とは考えられない、というか
サウンドクオリティとして考えれば

『コンソールグレード』

銘打たれているのに納得できるものでした。

 

しかしながら、

AVALON AD2022 とは

キャラクターや方向性も違い、
特に ボーカルを収録するときに
困っていました。

 

Discrete8 のマイクプリの音が太いこともあり
楽器隊が図太く録れてしまう、という
『諸刃の剣』現象が発生(w
(※嬉しい悲鳴ではあるのですがw)

そして、同じマイクプリで統一してしまう際、
歌とオケの『音像感』が同化してしまうんです。

 

その際に思い出したのが

『AVALON AD2022』だったのです。

 

 

最強コスパのマイクプリアンプ・チャンネルストリップ
SPL Track One model 2960 との出逢い

しかし、当時より安くなったとはいえ、
AVALON AD2022 は
約35万円〜40万円もします。

約2chのマイクプリアンプが40万円。。。

 

今のクラカワの仕事の
コスパ的に考えて、設備投資としても
正直よろしくありません。

 

で、たまさかいつもお世話になっている
Rock oN Company さんの
サイトで偶然発見するのです。

 

『SPL Track One model 2960』を。

 

ロックオンカンパニーさんのサイトで
SPL Track One model 2960 を試聴して。。。

マイクプリを色々探しているときに
ロックオンカンパニー さんのサイトに

MicPre試聴比較』という
特集が設けられていて、

ロックオンカンパニー|マイクプリ試聴ページ|画像
(※画像をクリックでサイトへ)

そこで試聴して驚愕します。

 

「な、なんだこれは。。。」

 

AVALON AD2022 までは行かないまでも
クラカワの欲しかった音のイメージに近い、
レンジが広く、すごく澄んだサウンドだったのです。

 

そして、値段を見てさらにびっくり。。。

 

SPL Track One model 2960 |ロックオンストア 画像

 

「え… 約11万…だと?!」

 

もう、何度も目を擦りましたよw

 

SPL Track One model 2960 を
倉川知也が全力でオススメする3つのポイント

さて、、、

相変わらず前置きの長いクラカワ記事ですが、

なぜクラカワが SPL さんの
Track One』を激推しするのか。

 

3つのポイントに絞ってお話します。

 

チャンネルストリップ としての
コストパフォーマンスが良すぎる

まず、チャンネルストリップについて
ご存知ない方に説明しますね。

チャンネルストリップ というのは

マイクプリアンプ

ラインアンプ

コンプレッサー

イコライザー

などなど。。。

が、1台の中に納められた
とても便利な機械でして。

 

ま、もともとは
SSL(Solid State Logic) 社の
レコーディングコンソールのようなものの
1ch分をラックに納めた感じです。

SSL|卓 画像
(※こんなヤツですねw)

 

当たり前ですがマイクプリ以外の回路も
レコーディング グレード。

 

当然、お値段は張り、
しっかりしたものを購入しようと思うと
20万円は下らないものです。

 

そんなチャンネルストリップが
なんと11万前後で買えてしまう。

 

そして、SPL さんは最近話題の
マスタリンググレード の製品をリリース
するようなメーカーさんです。

 

(※このマスタリングコンプとか60万とかしますからね….汗)

 

三流メーカーならともかく、
マスタリンググレードの製品を
リリースするようなメーカーさんが

自分たちのブランド名を落とすような
安物を売り上げの為に
わざわざリリースする、、、

 

とは考えられないですよねw

 

そのようなメーカーさんが
リリースする チャンスト としては
余りにも安すぎるのです。

 

 

AVALON にも劣らない 周波数特性

クラカワが一番注目したところは
ここ、『周波数特性』でした。

 

てか、自分でも

「なんで AD2022 っぽく感じたんだろう」

と思って調べたところ、超納得。

 

SPL Track One model 2960』と 
AVALON AD2022』の周波数特性が
すごく似ていたんです。

 

AVALON AD2022 PREAMPLIFIER SPECIFICATIONS

AD2022 PREAMPLIFIER SPECIFICATIONS|画像

(※AVALON Design 社サイトから引用)

 

SPL Track One model 2960|Specifications

SPL Track One model 2960|Frequency response 画像

(※SPL electronics 社サイトより引用)

 

AVALON AD2022 の
Frequency Response(周波数特性)は

1Hz 〜 120kHz

 

SPL Track One model 2960 の
周波数特性は

マイク入力時で

10Hz 〜 200kHz

ライン入力時で

10Hz 〜 180kHz

 

低音域が
AD2022 の『1Hz』には及びませんが

ハイエンドが
AD2022 を明らかに凌駕しています。

 

ま、単なる計測の数値なので
クラカワはこれを先にみたら

「ふ〜ん」

で終わったと思いますが
先に音を聴いていたので
数値を見て逆に納得したという。。。

 

実際使ってマジやばい!
TrackOne、音がいいぞ!!!

ま、上記のデータを元に
チームメンバーを説得し購入。

半信半疑ながら使ってみて、
疑念や不安がぶっ飛ぶQualityに驚き!!!

 

想像以上の音だったんです。

 

クリア。。。

限りなくクリア。。。

 

もうね、歌とか収録すると
マジやばいです。

 

周波数特性が
200kHzまで伸びているからか、
とにかく立体感があります。

 

現在再起動している
小次郎バンド のプリプロ音源は
ほぼ全部 SHURE Beta58 と
SPL Track One で収録されているのですが

ダイナミックマイクとは思えないクリアさ。

 

 

そして、音像の立体感。
(超ラフに録ってmixしたものでもコレです)

 

で、ちなみに
我々界隈で話題になったのは
意外にも低域。

 

しーちゃんが事務所で
ベースの収録中にメンバーが来て、
開口ひとこと目に

「なんか、玄関で
 足元が振動してたんすけど
 これ…ベースの音なんすか???(汗」

 

なんてこともあり。。。

 

みんなで驚いたりして。。。

 

 

隠れた名機?!
SPL Track One model 2960

さて、ここ半年。。。

クラカワが言いたくて言いたくて
しょーがなかったネタを暴露しましたが
如何だったでしょうか?

 

てか、この
『SPL Track One model 2960』ですが

日本で全然情報が無いんですよ。

 

レビューとかも。

 

なんでこんな

『安い』『ウマイ』『凄い』の

三拍子。。。いや、、、

それ以上が揃ったであろう機械が
注目されてないか、
不思議でたまらなかったです。

 

今まで様々なマイクプリや
チャンネルストリップに触れて来ましたが
どう考えても

『お値段以上』

のQualtyであるのは間違いありません。

 

てか、そもそも日本で
一般的に話題になるマイクプリについて
クラカワ的に全く琴線を動かされず

「なんでみんな
 あんなのを有り難がるんだろう。。。」

なんて思って
ずっと AVALON の AD2022 を
追いかけ続けて来ましたが、

 

「あれ、、、これ、
 当面AD2022要らないんじゃね?」

 

とさえ思うほどの製品です、これ。。。

 

まだまだオススメしたいこと、
書きたいことは山ほどありますが
今回は長くなってきましたのでここまで。
(※さらに深く氣になる方はLINEで。裏話もしますよw)

 

てか、マジでこれは凄いっす。

 

プロ・アマの方問わず
必ず『1台持っておいて損しない』という
製品だと思います。

 

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【人数限定】倉川知也公式LINEオープン!

友だち追加

 

全く無名の初心者から
数多くのアマチュアミュージシャンを
O-WEST、O-EAST、AX、ZeppTokyo…
などの大規模会場へ輩出してきた
音楽プロデューサー倉川知也と
直接お話しが出来る公式LINEがオープン!

 

ソロアーティスト、バンド、
これからミュージシャンを目指す方。。。

日々、たくさんの方から ご相談をいただいています。

倉川知也私設の音楽教室 『知也塾』のLINEと共有のため、
ギターやボーカル、様々な楽器の奏法、
コツや情報なども盛りだくさん!

その他、ブログで話せないムフフな
マル秘情報なども発信しております。

クラカワトモヤ 氏が起きている時であれば
作業の合間にもマメにお返事してくれるかも?!

クラカワ 氏の対応出来る人数までは募集をしておりますが
いつ締め切りになるかわかりません。

氣になる方は急いで登録をー!!!

 

ご登録はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加  



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

-音響機材のお話, マイクプリアンプ|MicPreamp, チャンネルストリップ| Channel Strip

執筆者:

関連記事

AntelopeAudio Discrete|画像

Antelope Discrete オーディオインターフェース、音良くない?!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 アンテロープ の オーディオインターフェース Discrete (ディスクリート) シリーズ、これ、ヤバイかも!!!2 業界初?! マイ …

プラグイン激安セールはUltra Analog VA-2だけじゃなかった!|Circle 2|Tremor

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   シンセプラグインの激安プラグインがなんと3種類に!!! https://tomoya.kurakawa.info/blog/archives/5 …

Shinya's Studio|1U76コンプレッサー画像

クラカワの叩くドラム演奏をデモ動画に使って戴きました!|Shinya’s Studio 1U76 コンプレッサー 編

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也(クラカワ トモヤ)です。   最近、『知也塾』のTwitterで https://twitter.com/Tomoy …

Ultra Analog VA-2|画像

Ultra Analog VA-2 が激安?!199$ が 9日間限定で 3980円だと?!!!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   A|A|S Ultra Analog VA-2 が 9日間 85% Off!!!だと。。。 MIオンラインストア さんの 9日間限定の即納セー …

VST2ファルダにT-Racks5の表記がない!!!

T-Racks5は完全VST3化したっぽい。。。

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー StudioOne で T-Racks5 が見当たらない。。。と思ったら。。。   T-Racks5 から 完全に VST3 化したっぽいですなw …

サイト検索

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。