「 音楽プロデューサー考察 」 一覧

JBL 1Series104(104-Y3)|注意(後編) 画像

スピーカー レビュー JBL 104-Y3(1Series104) 後編|同軸モニタとしての実力は?!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー ーーーーーーーーーーーーー 【ご注意】 この記事はあくまで倉川知也の私感、 そして一部過激な表現が含まれております。 日本の音楽シーンでうまくやりたい方、 …

【注意】JBL スピーカー 104-Y3 と 1Series104 を買う前に氣を付けること|レビュー 前編

音楽プロデューサーの倉川知也です。   DTMer 界隈では IK Multimedia さんの iLoud がリリースされてから IK Multimedia iLoud Micro Mon …

MXL990 Midnight|画像

DTM 初心者にオススメのコンデンサーマイク MXL990

音楽プロデューサーの倉川知也です。   昨年、Antelope Edge Duo を導入して ANTELOPE AUDIO EDGE DUO モデリングマイク 【分割手数料0円キャンペーン/ …

Cubase|TK Review

DTMする際にオススメのソフトウェア3選|初心者からプロまで損をしないDAWとは?|その1 〜Cubase編〜

音楽プロデューサーの倉川知也です。   DAW を触りはじめてから今年で約20年。   レコーディングソフト について ずっと「これだ!」というものが定まらず、 試行錯誤しながら来 …

Apple Logic TK's Tips #001 ~Logicはとりあえず長押ししとけ!~|初心者向け アップル ロジック 簡単小技 その1

Logic (ロジック) の波形を自由に拡大・縮小する方法|お急ぎTips

  音楽プロデューサーの倉川知也です。   倉川のTwitter のフォロワーさんであれば すでにご存知かと思いますが、 クラカワのメインDAWが Apple Logic Pro …

Samplitude Pro X3 Suite|通常盤 画像

Samplitudeが激安セールしてる!!!【2018年8月12日まで延長】※まだやってんのかよ!wwww

※2018年8月8日(水)更新。 (てか、まだセールやってやがりますwwww) 音楽プロデューサーの倉川知也です。   先日から、MAGIX社さんの Samplitude(サンプリチュード) …

サンプリ記事|後編

Samplitude!倉川知也、DAWをサンプリチュードに戻すのか?!|後編

音楽プロデューサーの倉川知也です。   さて昨日エントリ立てた MAGIX Samplitude について触れた この記事ですが、本日、後編です。 Samplitude!倉川知也、DAWをサ …

Samplitude Pro X3|箱 画像

Samplitude!倉川知也、DAWをサンプリチュードに戻すのか?!|前編

音楽プロデューサーの倉川知也です。   Presonus さんが StudioOne4 を リリースされてから約1ヶ月。 「このままでは DAW難民になってしまう!!!」 と焦り、このところ …

Waves|使わない ロゴ

Wavesプラグイン レビュー|倉川知也が積極的に使わない4つの理由

※2018年7月29日(日)更新 音楽プロデューサーの倉川知也です。   本日は超有名オーディオプラグインメーカーさんである Waves (ウェーブス) さんについて 忌憚のない僕の意見を書 …

UVI Digital Motion for Falcon|画像

UVI Digital Motion for Falconがヤヴァイ!!!

  UVI Falcon エクスパンションの 『Digital Motion』が超いい!!! 音楽プロデューサーの倉川知也です。   またやっちゃいました。。。   山木 …

サイト検索

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。