DAW Samplitude|サンプリチュード

Samplitude(サンプリチュード)のバージョンアップが年内に!?

投稿日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



倉川知也|対談3

音楽プロデューサーの倉川知也です。

 

5月末に Presonus さんから
新しいStudioOne のリリース アナウンスがあり、



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

 

期待に期待を重ねていたクラカワでしたが
音質変化 (というか 音質劣化)に耐えきれず、

様々な方を巻き込んで、Twitter上では

StudioOne 4 大音質検証 祭り』

のような様相になっていたのですが、

StudioOne4の問題について|音質変化・音質劣化・サポート等

 

そこでクラカワの脳裏に浮かぶのが

「あ、そういえば
 Samplitude って今、どうなんだろう。。。」

だったんです。

 

Samplitude!倉川知也、DAWをサンプリチュードに戻すのか?!|前編

 

実際、使ってみたところ、

「うわぁぁ!さすがサンプリ!!!
 音ええわぁぁぁーーー!!!(感動」

という感じで。

 

しかも、
MIDIに弱いと思い込んでいた
サンプリチュード の MIDI 関連機能も
めっちゃ進化していまして。

「わ、これフツーに
 即戦力として使えるんじゃないの???」

という印象だったのです。

 

しかし、やはり StudioOne のあの
使いやすい ユーザーインターフェース や、
Mac / Windows など OS を選ばないこと、

そしてなにより様々な利便性など。。。 

 

頑固で無骨と言われている
『Samplitude』とは操作性では比較にならず。。。

 

しかも、日本語では殆どと言って情報もなく。。。

 

そこでクラカワが直接、
MAGIX さんへ直談判をはじめるわけです。

 

 

MAGIX Samplitude(サンプリチュード)の
バージョンアップが年内に!?

で、昨日、

2018年7月31日(火)に
MAGIX全体ではなく
Samplitude の管轄の方だと思われる方からメールが。

Dear Mr. Kurakawa,

thanks very much for your suggestions and recommendation

unfortunately no one here at Magix speaks Japanese but for the start of the new Samplitude version by the end of this year as expected, we are planing

to have a change in the sales part in the japanese territory . Once this has happened I will send you the contact details for the direct discussions

best regards

 

英語がまったくといってわからないクラカワは
早速、chromeにて翻訳w

 

Dear Mr. Kurakawa,

あなたの提案やお勧めに感謝します。

残念ながらMagixの誰もここで日本語を話す人はいませんが、今年末までに新しいSamplitudeバージョンが予定どおりに開始されると、

日本の領土で販売部に変更を加えること。これが起こったら、直接ディスカッションの連絡先の詳細をお送りします

宜しくお願いします

 

ちょっと日本語が変ですが、

 

「今年末までに新しいSamplitudeバージョンが
 予定どおりに開始されると、」

 

おいおい。。。

 

『予定通り』って聞いてねーぞ。。。wwww

 

ま、とにもかくにも

『年内に予定されている』

ということらしいので、
楽しみに待ちたいと思います。

 

MAGIX に倉川が求める
Samplitude(サンプリチュード)の新機能

ここからは、
MAGIX さんに倉川が期待する
Samplitude Pro X4 (?) の
機能等々を書き出していこうかな、と。

 

  1. Mac対応 (※必須!)
    (Samplitude は現在Windowsのみの対応)
  2. StudioOne のような1画面で見やすいUI
    (別窓を開いたり、現在のような見づらいものではない)
  3. 日本語対応
  4. Protoolsや他DAWショートカットへの対応
  5. プラグイン・音源などドラッグ&ドロップで適用できる
  6. VST Plugin を見やすく整理してほしい
  7. Pan設定数値をもっとわかりやすく
  8. セッションフォルダをわかりやすく整理する
    (音は『Mediaフォルダ』、バウンスしたものは『Bounce』など)
  9. アップグレードの価格を下げてほしい
    (さすがに3万超えは痛いです。他DAWが買えます。。。)
  10. 矢印・範囲選択などのツールを一度で使えるように
  11. LOOP機能の充実
    (Logic並みに選択しやすいと嬉しい)
  12. セッションのサンプルレートの途中変更が簡単&軽い
    (実はこれ、クラカワがStudioOneで一番嬉しいところだったりします)

 

などなど。。。

 

思い出したら
ガンガン追記していきたいと思いますw

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【人数限定】倉川知也公式LINEオープン!

友だち追加

 

全く無名の初心者から
数多くのアマチュアミュージシャンを
O-WEST、O-EAST、AX、ZeppTokyo…
などの大規模会場へ輩出してきた
音楽プロデューサー倉川知也と
直接お話しが出来る公式LINEがオープン!

 

ソロアーティスト、バンド、
これからミュージシャンを目指す方。。。

日々、たくさんの方から ご相談をいただいています。

倉川知也私設の音楽教室 『知也塾』のLINEと共有のため、
ギターやボーカル、様々な楽器の奏法、
コツや情報なども盛りだくさん!

その他、ブログで話せないムフフな
マル秘情報なども発信しております。

クラカワトモヤ 氏が起きている時であれば
作業の合間にもマメにお返事してくれるかも?!

クラカワ 氏の対応出来る人数までは募集をしておりますが
いつ締め切りになるかわかりません。

氣になる方は急いで登録をー!!!

 

ご登録はコチラ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加  

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

-DAW, Samplitude|サンプリチュード

執筆者:

関連記事

Native Instruments|KOMPLETE AUDIO 6 前面写真

KOMPLETE AUDIO6が激値上がりしとる!!!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 Native Instruments KOMPLETE AUDIO6 値上がり?!2 激安大手のサウンドハウスさんでもこの価格!?3 K …

Studio192

PreSonusから新しいオーディオインターフェースが!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   PreSonus Studio192…   これは気になる。。。 ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー http: …

Ableton Live|ロゴ画像

Ableton Liveがすごく欲しくなったぞ!!!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー ※相変わらず前説が長いので是非とも目次を使ってくださいませ(汗 音楽プロデューサーの倉川知也です。 ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   …

Presonus StudioMagic|画像

Presonusさんの無償提供プラグイン バンドルの話|続報

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー プレソナスさんの無償プラグインバンドルって 『Studio Magic (スタジオマジック)』っていうのか!   とうとう、Presonus (プ …

Sound it! 8 Pro|キャプチャ

Sound it! 8 Pro|とうとうDSD対応のDAW登場!?

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー もうね、興奮しましたよ。。。 とうとう来ました! DSD対応のDAWが!!! ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   DSDネイティブ録音 …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。