PreSonusから新しいオーディオインターフェースが!

スポンサーリンク
Studio192DAW

Studio192

 

PreSonus Studio192…

 

これは気になる。。。

http://www.mi7.co.jp/products/presonus/studio192/
 

 

概要を転載しておきますね。

 

オーディオ・インターフェースとスタジオ・コマンド・センターの
パワフルな組み合わせを1ラックスペースで提供するのは、Studio 192だけ。

最大192kHzのオーディオ品質、リモートコントロール可能なマイク・プリアンプ、
モニター・ミキシング、スピーカー・スイッチング、
ヘッドフォン・アンプ、レコーディング環境内での
タイトなDAW統合を提供します。

 

統合されたゼロレイテンシー・モニタリング

賞に輝くStudioLive™ Fat Channelプロセッシングによる
各アナログ入力でのゼロレイテンシー・モニタリング

マルチトラックの音楽制作向けStudio One® に完全統合(Studio One Artist付属)、
エフェクトを使用したゼロレイテンシー・モニター・ミキシング、
スタジオ・コマンド機能

あらゆるミキシング/モニタリング機能への
すばやく直感的なアクセスを提供する
UC Surfaceモニター・ミックス・コントロール・ソフトウェア

 

スタジオのコマンド・センター

超低レイテンシー、24-bit/192 kHzの
USB 3.0オーディオ・インターフェース(USB 2.0に下位互換)

最大26入力/32出力の同時I/O(8×14@192 kHz)

トップ・クオリティの118dBデジタル変換による完璧なアナログ・シグナル・パス

独立したステレオ・メイン・バランス出力、フロント・パネル、
UC Surface、Studio Oneからアクセス可能なモノ、ディム、ミュート、
レベル・コントロール内蔵トークバック・マイク

2 x 高ボリューム・ヘッドフォン出力、
オプションのヘッドフォン・モニタリング用のDAC搭載

 

フレキシブルな接続性

8 x リモートコントロール可能なXMAX™ マイク・プリアンプ、
独自の48Vファンタム電源スイッチングと85 dBゲイン・レンジ

2 x インストゥルメント入力、兼用のフロントパネル・コンボ端子を使用

6 x バランス・ライン・レベル・ダイレクトADC入力、兼用のリアパネル・コンボ端子を使用

8 x ¼”バランスTRS出力(モニター・ミキシングおよびスピーカー・スイッチング用)

ADAT/デュアルSMUXオプティカル入力/出力:16×16チャンネル(44.1または48 kHz)、
8×8チャンネル(88.2または96 kHz)

ステレオS/PDIFコアキシャル入出力

BNCワードクロック入出力、低ジッター・クロッキング

 

デジタル

MacおよびPC用の主要な音楽ソフトウェアに対応
USB 2.0に下位互換

 

サイズ

頑丈な構造、フルメタル・シャーシおよびメタル・ノブ

1Uラックマウント可能

18 VDC外部電源(付属)

 

付属ソフトウェア

MacおよびWindows用の革新的なPreSonusの
デジタル・オーディオ・ワークステーションStudio One® Artistのライセンス付属、
トラック数無制限、2 GBのコンテンツ

Windows、Mac、Windows 8タッチ・コンピューター、
iPad用のUC Surfaceソフトウェア

 

コチラのサイトから引用させて戴いて居ます。

 

数年前、ProtoolsからDAWをStudioOneに切り替えてからというもの、
完全にプレソナス信者になりつつあるぞ。。。オレ。。。苦笑

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました