バンドブーム・イカ天…大槻ケンヂさんに学ぶ音楽を仕事にするということ

スポンサーリンク
大槻ケンヂ アイキャッチ|バンドで喰う方法音楽ビジネス
スポンサーリンク

倉川知也|対談3

音楽で喰うを目指しているバンドメンバー全員が知るべきこと

先日、YouTubeで気になる動画を見つけた。

筋肉少女帯大槻ケンジさんが
ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!
に出演されていた時のお話。

 

※動画が消されてしまったようです。。。涙

 

この中に『音楽で喰う』ということについての
活きるヒントが内包されていた。

 

今日はこのことについて綴っていきたいと思う。

 

 

ブラマヨとゆかいな仲間たち での大槻ケンヂさんのお話がヤバい

 

大槻ケンヂさんといえば、バンドブームイカ天
ハイスタンダードなどのメロコアエモコアスカコア等が出てくる
インディーズブーム』以前、

 

もはや『インディーズ』という言葉すら無い時代に
その流れを見てきた、というよりも
バンドブーム』という潮流の発信者側。

 

僕は残念ながら『バンドブーム』という渦に
巻き込まれていた側なので、
当時の事についてはバンドブーム終焉後に
研究して知る事になるのだけど。。。(苦笑

 

 

バンドブームって、そもそも何だったの?

 

https://www.youtube.com/watch?v=4cVzfQqycxs&feature=youtu.be&t=12m21s
大槻さんがコチラでおっしゃっていますが、

『バンドブーム』と言われるものは

 

1、イカ天ブーム

2、ホコ天ブーム

3、インディーズブーム

 

この3つの流れが重なって大きくなり、
『バンド』というものが『ブーム』になった、とのこと。

 

僕はてっきりイカ天(三宅裕司のいかすバンド天国)が
バンドブームを創ったと思っていましたが、
こんな流れがあったのですね。

 

 

武道館公演したバンドの月給のお話

 

今回のこの動画で僕がめっちゃ驚いたのがこれ。

 

大槻ケンヂさんのバンドマンとしての月給が

なんと、3万5千円!!!

 

今とは圧倒的に比べ物にならない程、
音楽シーンが盛り上がっていたあのバンドブームの最中、

月給3万5千円!!!(なんで2回言うねんw

 

さらに付け加えると、

バンドで日本武道館公演をした時でさえ

 

 

月給10万円!!!

 

というから驚きです。

 

 

 

いい音楽を生み出す のと 音楽を仕事にする のは別の次元の話

 

僕は2000年にインディーズレーベルを立ち上げてから
約3年で本業に、5年で法人化しました。

 

インディーズレーベル立ち上げ前から
X JAPANさんのビジュアルシーンや
横山健さんがHi-STANDARDで牽引していった
メロコア、スカコアなどのシーンについて研究し、

 

「いい曲書いているだけじゃ音楽で喰えない」

 

そう確信していました。

 

 

実際、YOSHIKIさんも

 

「純粋に音楽をやりたければビジネスを勉強すべき」

 

と、雑誌やTVなどありとあらゆるところで
常に発信していらっしゃいました。

 

なにかのモノゴトをお金にする方法を『マネタイズ』といいますが、
事務所に所属したりメジャーに行くことだけが
『マネタイズ』の方法ではありません。

 

しかも今はインターネットという
大手TVや雑誌などのメディアを使わずとも
『パーソナル(個人)』が情報を発信出来る仕組みがあります。

 

あなたのバンドも(ソロでも)マネタイズの方法、
そしてどこで稼ぐか(キャッシュポイント)をしっかり考えれば
音楽求人など漁らずとも音楽で喰っていく事は可能なのです。

 

その為には様々な情報を己の中にインストールし、
お金が生まれる『仕組み』を構築しなければなりません。

 

音楽で喰っていく事は可能である」

 

僕はこう考えます。

 

そして今、この時代の環境は間違いなく
アーティストにとってチャンスの時代だと思います。

 

あなたは本気で音楽を仕事にしたいと思いますか?

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました