X JAPAN『We Are X』を観て想う|概要レビュー (ネタバレなしw)

スポンサーリンク
X Japan|We Are X|写真2.jpgX|X JAPAN

 

X JAPAN の 映画 『We Are X』を観てきました。

 

クラカワの音楽活動の根底となる考え方を作ってくれたバンド、
X Japan の映画、『We Are X』を観てきました。

 

X Japan|We Are X|写真1

 

もちろん、感動とかありましたが、
クラカワにとっては『再確認』しにいった感じで。

それはなぜか。

 

そのことについて書いていきますね。

 

倉川少年と X(エックス) というバンド

クラカワは幼稚園に入る前から
音楽を聴くのが好きな子供だったようでしたが、

まさか自分が音楽を演る側になるなんて
夢にも思っていませんでした。

しかし、中学生の時の友達から
『Case of BOOWY GIGS』という
ライブビデオを見せてもらい、人生が一転します。

 

 

そして、BOOWY解散の翌年に
X JAPAN(当時は X) がデビュー。

 

インターネットがない当時の高校生の中でも
X(エックス) は影響力のあるバンドでした。

 

 

当然、クラカワも半端ない影響を受けます。

 

そして、エックスのメジャーファーストアルバムで
かの名盤である『BLUE BLOOD(ブルーブラッド)』を購入。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 X JAPAN エックスジャパン / BLUE BLOOD 【CD】
価格:2838円(税込、送料無料) (2017/3/21時点)

 

擦り減るぐらい何度も聴き込みました。。。
実はそのアルバム『Blue Blood』、
歌詞カードに当時邦楽では珍しい
『ライナーノーツ』というものを見つけます。

 

ライナーノーツ、とは
海外の音楽である洋楽について
わかりやすくした説明書きみたいなもので、
日本のアーティストは当然日本語歌詞だったりするので
説明するまでもない、ということで
邦楽アルバムには、ほとんど、
と言ってもいいであろうライナーは無かったんです。

 

その中に見つけた名前、
SONYのディレクターであり、
Xの育ての親と言われている
津田直士(つだなおし)氏。

 

「将来、僕もこんな方々と出逢って
仕事するようになれたらいいな」

 

そんな倉川少年のおぼろげな『夢』は
約8年後に叶うことになります。

 

→ 次のページへ

 

タイトルとURLをコピーしました