お得情報 AIR Music Technology Vacuum 1ドル砲

【激安!】AIR Music Technology|Vacuum Pro までがとうとう1ドル!!!

投稿日:

VacuumPro|画像

Vacuum Pro (AIR Music Technology) が$1で買える?!!!

最近、Twitter上で仲良くさせて戴いている
ゆにばす(@universe_ex)さんの昨日のツイートで

というものを発見。

 

 

おいおい。。。

とうとう『Vacuum』までが1ドルかよ。。。

 

 

ドル・円のレートによっては
缶ジュースよりも安いという。。。

 

 

いやー、、、

そんなん、購入するでしょう。

 

 

てか、ゆにばすさん。

『1ドル砲』ってなんすかw

 

思わず画面の前で吹いたじゃないっすかwwww

 

ネーミングセンス、素晴らしいですw

 

 

で、これ使ってみたのですが、
すごくいいですね。

 

初めて触ったDAWがProtoolsだった僕としては
AIR Music Technologyさんの

『初代1ドル砲(w』であった
『XPand!』と同じく、とても懐かしいですw

 

当時PT専用だったソフトが
VSTとしてStudioOneで使えるのは
本当に嬉しいです。

 

48時間限定価格らしいので
缶ジュース1缶我慢しても導入してみてください。

 

缶ジュースとは比較にならないほど
価値のある投資だとおもいますよー!

 

 

【追伸】
僕はPlugin Boutiqueさんに
結構お世話になっているので
Virtual Cashにて手に入れました。

実質0円。

ほんとにありがたい限りです。。。

 

 

 

-お得情報, AIR Music Technology, Vacuum, 1ドル砲

執筆者:

関連記事

StudioOne50%割引購入方法|画像1

【2017年】StudioOne のバレンタインデー半額セールの購入方法

  Contents1 StudioOne半額セール、買い方がわかんないよー!!! という方にw1.1 1、StudioOne Professional 通常価格ページにアクセス1.2 2、 …

Cakewalk|ロゴ

Cakewalk SONARユーザーに救済措置?!StudioOneが激安!!!

Contents1 Presonusが神対応?! 開発中止のSONARユーザー(難民)向けに StudioOneの特別価格提案を開始!1.1 Presonus社がStudioOneの SONARユーザ …

Presonus StudioMagic|画像

Presonusさんの無償提供プラグイン バンドルの話|続報

プレソナスさんの無償プラグインバンドルって 『Studio Magic (スタジオマジック)』っていうのか!   とうとう、Presonus (プリソーナス)の本サイトで 例の無償プラグイン …

StudioOne3|デスクトップ画像

Presonus StudioOneの無料アドオンが増えてる!?

  プレソナスさんのサイトに久々にログインしてみたらヤバいことに!!!   はい、音楽プロデューサーのクラカワ トモヤです。   僕が Presonus StudioOn …

Firewireロゴ

DTM・DAW初心者さんにFirewireオーディオインターフェースを今、倉川が全力で推す理由

Contents1 何故今、Firewireオーディオインターフェースが熱いのか?1.1 時代遅れと言われるFirewire I/Oを クラカワがなぜ薦めるのか?1.2 ヤフオクでFirewireイン …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。