DAW

【1週間限定】AmpliTube iOSフルバージョンが無償ってマジ!?

投稿日:2015年5月14日 更新日:

AmpliTube iOSフルバージョンが1週間限定でフリーってホント?!

 

AmpliTube iOSフル|フリー

いま、何気なくメール開いてビックリ!!!

IK Multimediaさん、大盤振る舞いちゃいますか?!!!

 

人気のギター / ベース・マルチFXアプリのダウンロードは今すぐ!

※下記、アイケー・マルチメディアさんのメルマガより引用。

2015年5月17日までの1週間限定の特別プロモーションとして、
人気 No.1のギター/ベース用エフェクト&アンプ・アプリ、
AmpliTube for iPhoneとAmpliTube for iPadのフルバージョンの
App Storeからダウンロードを、通常ならダウンロード価格2,400円のところ、
なんと無償にてご提供させていただきます。

AmpliTube iOSでは、
合計24種類のストンプエフェクト、アンプ、
スピーカー・キャビネット、マイクを自由に組み合わせて、
驚くほどリアルなギター/ベース・サウンドを生み出すことができます。
(ディストーション・ストンプエフェクトはユーザー登録時に追加されます。)

AmpliTUbe iOSは、AmpliTube Fender、Slash、Jimi Hendrix、Orangeなどの
ギア・モデルを、アプリ内課金により追加し、拡張可能です。

iPadとギター/ベースの接続には、iRig 2、iRig HDo、iRig PROなど、
IKのインターフェイスをお使いください。

Bluetooth対応のMIDIフット・コントローラー、
iRig BlueBoardを使えば、ワイヤレスでのエフェクトのMIDIコントロールも可能です。

この特別プロモーションは1週間の期間限定です。

AmpliTube 4 iOSへ無償アップデート可能な、
AmpliTube for iPhone / AmpliTube for iPadの、
App Storeからのダウンロードは今すぐ!

-DAW

執筆者:

関連記事

Presonus StudioMagic|画像

Presonusさんの無償提供プラグイン バンドルの話|続報

プレソナスさんの無償プラグインバンドルって 『Studio Magic (スタジオマジック)』っていうのか!   とうとう、Presonus (プリソーナス)の本サイトで 例の無償プラグイン …

StudioOne3|デスクトップ画像

Presonus StudioOneの無料アドオンが増えてる!?

  プレソナスさんのサイトに久々にログインしてみたらヤバいことに!!!   はい、音楽プロデューサーのクラカワ トモヤです。   僕が Presonus StudioOn …

IK Multimedia T-Racks Opto Compressor|画像

T-RackS の Opto Compressor が1週間無料らしいよ!!!

    僕も10年以上愛用している IK Multimedia さんの マスタリングエフェクトである T-Racks (ティーラックス)。 もう、「これが無いと仕事にならない!」と …

Wavesロゴ

Wavesプラグインをクラカワが進んで使わない3つの理由 〜なぜ初心者クリエイターさんにおすすめしないのか〜

※2018年1月17日(wed)追記&更新   コンピューターでのレーコーディング、 DAWソフトの草分け的な存在である Protools(プロトゥールス)。   LogicやCu …

Studio192

PreSonusから新しいオーディオインターフェースが!

  PreSonus Studio192…   これは気になる。。。 http://www.mi7.co.jp/products/presonus/studio192/ …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。