トラブルシューティング FX Pansion製品 オーソライズ・認証

【注意!】FXpansion製品でのオーソライズ、回数について

投稿日:2017年4月5日 更新日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



BFDやTremorなどFXpansion製品のオーソライズが
意外に大変なんだってば、という話。

 

Fx Pansion|ロゴ

 

クラカワです。

只今、諸事情により、
絶賛パソコンの移行作業をしているのですが。。。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

皆さんご存知の通り、
ワタクシこと倉川知也は音楽プロデューサーであります。

それだけでなく、
もちろん作曲、作詞、編曲だけでなく

予算の出ないプロジェクトなどでは
ミキシングからマスタリングまで
全行程を受け持つことも少なくありません。

 

そして、音楽を創っている方であれば
みなさんおわかりかと思いますが。。。

現代はパソコン、要はDAWベースで
音楽制作をするようになりました。

その時に『パソコン』は心臓部。
そのパソコン(マシン) を入れ替えたり
HDDやSSDが逝ってしまった際、
当然、移行作業が必要になるのですが。。。

 

で、その中で地味に面倒なのが、そう、

『再オーソライズ作業』

なんですよねー。。。

 

今回はその中でも

「これは事前にいろいろやっとかなきゃだろ!」

と、感じたものについて書いていきますね。

 

さて今回は、

ドラム音源の帝王(?)と言っても過言ではないであろう
FX Pansionn BFD シリーズをはじめ、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FXpansion BFD3 (Download)
価格:40000円(税込、送料無料) (2017/4/5時点)

 

Strobe、Geist、Bloom、Etch、Maul
DCAM Dynamics…

 

そして、僕が先日手に入れた
ユニークなリズムシンセのTremor。。。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FXPansion/Tremor【オンライン納品】
価格:20412円(税込、送料別) (2017/4/5時点)

 

などの開発元である FXpansion 製品についての
再オーサライズ時の注意点などについて、です。

 

お役に立てたら嬉しいです。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

 

→ 次のページへ

> 続きを読む 

-トラブルシューティング, FX Pansion製品, オーソライズ・認証

執筆者:

関連記事

SampleTank3 トラブルシューティング|画像

SampleTankさんで困った時まとめ|サンプルタンク トラブルシューティング

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 IK Multimedia SampleTankで困った時の対応メモ1.1 SampleTankでサンプル音源が表示されない1.2 Sa …

先生、コイツです!

Apogee Maestro Softwareで登録&ダウンロードできない件

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー たぶん、Apogee Maestro Software (アポジー マエストロ ソフトウェア) をダウンロードする際に 登録的なものをすると思うのですが 僕 …

Propellerhead Reason 画像

Reasonが立ち上がらない!?問題はカスペルスキー???

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   クラカワはMac と Windows両環境で 音楽制作をしているのですが、 ーーーーー スポンサードリンク …

Presonus Notion6

Windows版 Presonus Notion6 ダウンロード時の注意点

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Presonus Notion6 ダウンロード時の注意点|Windows版   音楽プロデューサーの倉川知也です。 Presonus (プリソーナ …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。