『Fry』|SweetPowerSonicsワンマン その1

スポンサーリンク
SweetPowerSonics|Fryオススメの音楽

SweetPowerSonics|Fry

Fry|SweetPowerSonics
伝説のワンマンat 北浦和Ayers

 

いろんな方からリクエストがあったので
最近、僕が関わった作品などをYouTubeへUPしていますが

その中でも僕の成功への足掛かりとなってくれたバンド、
それがSweetPowerSonics(スゥィート パワー ソニックス)。

 

結成して初回ライブで約60人以上を動員し、
その2か月後には約130人を動員。

 

埼玉県南のアマチュア、インディーズシーンで

Sweet Power Sonics(通称:SPS)に勝てるバンドが居ない

と称された程だったり(照

 

そのおかげもあってかお世話になっている
レコーディング・ミキシングエンジニアの方に
X JAPAN(当時はまだXだったはず)の育ての親、
津田直士さんを紹介してもらったり。

 

津田さんが売り出そうとしていたアーティストさんと
ジョイント的にイベント出来たり、

その他にも僕が多大に影響を受けたBOOWYのドラマー
高橋まことさんが所属していたDe-LAX(デラックス)さんの
オープニングアクトをさせて頂いたり。。。

 

そんなSPSの初ワンマンがこの動画。

 

これって超貴重な映像なんですよ。

 

当時、僕が近所のセブンイレブンで
深夜バイトしてる時にいっしょだった方が収録してくれて。

 

その方は映画監督志望で1カメで撮って
パソコンで自分で編集してくれて。

 

今でこそYouTube!とかiMovie!とか
スマホで撮って自宅で編集出来る時代だけど、
当時はインターネットも普及していない時代。

 

パソコンで動画編集するなんてなったら
30万以上もするパソコンが必要な時代。

 

そんな中で無償でこんなステキな記録を残して戴いたこと、
本当に感謝、感謝!なのです。

 

もっと言えば、このバンドはどんな事をしても
二度とこのメンツで演奏することが出来ない。

 

それは何故か。

 

 

SPSのベーシストであるSatoshiこと桑野智史は
もうすでにこの世を去ってしまっているから。。。

 

サトシと僕の出逢いは、
僕が某楽器屋さんでバイトしてた時。

 

彼はまだ高校2年生だった。

 

僕と世代が違うのに彼も大のBOØWY好きで意気投合。

 

当時のSatoshiはベースをほとんど弾けなくて
松井常松さんのプレイスタイルを真似て
ルート音のダウンピッキングしかできなくて(笑

 

でも、一生懸命さとひたむきさに惹かれて
SweetPowerSonicsに誘ったのを覚えてる。

 

 

そして、彼にはTUNEの5弦ベースを
楽器屋バイト時代に奨めたのも倉川です。
(その後、竹田さんを紹介してSonicの5弦になるのだが…)

 

 

学校にちゃんと行かないでダブったり、

なのにも関わらずTV番組の『学校へ行こう!』の
弾き語りコーナーで河村隆一さんのマネで
【隆一 桑野】としてテレビに出たり。

 

メジャーバンド加入のオイシイ話が来て
「こんなバンドやってられねぇ!」と裏切ってみたり(笑

 

そう、SweetPowerSonics解散の元の原因は彼ですw

 

 

今となっては全て良い想い出。

 

 

1つ下だったボーカルのAkkoに
実力も動員もいつも敵わなくて悔しがってたっけ。

 

その後倉川がSweetestを始めた時にも
彼も、埼玉県出身のエモ系で有名な
TRIBAL CHAIR(トライバル チェア)に加入したりとかして。

 

最終的にはdiscordさんというバンドに加入して。

 

その後、まさかの天国へ。。。

 

 

さくまさんから聞いた時はあまりの衝撃に
言葉を失ったのを覚えてる。

 

そんな想いがたくさん詰まっている
SweetPowerSonics。

 

このバンド、このメンバーが無かったら、
今の僕は確実に存在していない。

 

SweetestRecordsも無かっただろうし、
Player北村が評価してくれている

「埼玉県南 インディーズシーンの底上げ」

も無かったと思う。

 

自画自賛だが、今見ても唯一無二、
そしてカッコイイバンドだと自負している。

 

 

ありがとうサトシ。

 

ありがとうみんな。

 

これから観やすい、聴きやすいように
1曲ずつアップして行きたいと思う。

 

一人でも多くの方に観て戴いて、
ご評価戴けたら嬉しいです。

 

 

タイトルとURLをコピーしました