「多くの人の心に届いてはじめて  音楽はさらに輝きを増すのです」

近年、音楽制作の機材に於いてプロとアマチュアの垣根が
全くと言って良いほど無くなり、どのような方でも
氣軽に楽曲を創り、発表出来るようになりました。

その反面、コンテンツが膨大になり、飽和状態にも近しい状況に陥り、
自身の音楽を世に認識してもらうことが以前にも増して困難になりました。

「ただ、音楽を創るだけでなく、一人でも多くの方の心に届ける」

それが僕の使命だと思っています。

倉川知也へのご依頼はコチラ

プロ意識

スポンサーリンク
音楽ビジネス

音楽でマネタイズしなければホンモノではない

音楽で『お金を戴く』ということの意味 今日は結構手厳しい内容です。 僕は、音楽プロデューサーだけでなく、『知也塾』などの音楽教室、 その他ビジネスについても割と手広くやっていますが、 正直、 「自分...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました