「 音響機材のお話 」 一覧

Antelope|Edge Mic 画像

Antelope Edgeは絶対に買いだ!アンテロープエッジマイクを買うべき3つの理由

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   2000年台初頭にRODE(ロード)さんが RODE NT1 や NT2 などで コンデンサマイクの価格破 …

AntelopeAudio Discrete|画像

Antelope Discrete シリーズを買うべき3つの理由|Discrete8・Discrete4

音楽プロデューサーの倉川知也です。 ようやっと、このネタに着手することが出来ます。   そうです!!! Antelope Audio (アンテロープオーディオ) さんの Discrete8 …

Samplitude Pro X3 Suite|通常盤 画像

Samplitudeが激安セールしてる!!!【2018年8月12日まで延長】※まだやってんのかよ!wwww

※2018年8月8日(水)更新。 (てか、まだセールやってやがりますwwww) 音楽プロデューサーの倉川知也です。   先日から、MAGIX社さんの Samplitude(サンプリチュード) …

StudioProject VTB1を修理する!|画像

STUDIO PROJECTS VTB1 マイクプリアンプを修理する|その1

音楽プロデューサーの倉川知也(クラカワ トモヤ)です。   あぁぁ。。やってしまいました。。。   -------------   クラカワは常日頃から 「もっと良い音で …

FenderJapan JazzBass サーキットマウント|画像

ベースの修理、シールドケーブル制作…メンテナンス三昧の日曜日

音楽プロデューサーの倉川知也です。   Sweetestでの活動が止まってから、 週に1回は休むように心掛けています。 理由は『効率が悪い』と思ったからです。   性格的に集中しだ …

Studio Magic 2018|画像

【無料】Presonus インターフェースユーザーに朗報!|Studio Magic Plug-in 2018だと?!

プリソーナス Interface ユーザーへのフリープラグイン Studio Magic プラグインスイートが追加!!! 音楽プロデューサーの倉川知也です。   僕の周囲では クラカワがメイ …

AntelopeAudio Discrete|画像

Antelope Discrete オーディオインターフェース、音良くない?!

アンテロープ の オーディオインターフェース Discrete (ディスクリート) シリーズ、これ、ヤバイかも!!! ※2018年7月31日(火)4:15更新 音楽プロデューサーの倉川知也です。 &n …

no image

【続報】Universal Audio Arrow|情報まとめ

UAD Arrow 情報まとめ ICONさんのUAD Arrowの動作関連の続報を発見しました。 Universal Audio Arrow、推奨動作環境は「Thunderbolt 3対応のコンピュー …

UAD Arrow|画像

【注意】UADの新製品『Arrow』購入前に確認すべき3つのこと

※発売されたばかりで情報が少ないため、氣付き次第、加筆・更新していきます。  それによりタイトルの数字も増える可能性もございます。 ーーーーーーーーーーーーー 【追記】 藤本健の“DTMステーション” …

UAD ApolloTwin|画像

UADプラグイン・機器をDTM初心者が購入する前に注意すること

UAD 関連機器・プラグインを 『盲信する』ということの危険性について 音楽プロデューサーの倉川知也です。   ちょっと過激なタイトルですが、 最近、周囲でUNIVERSAL AUDIOさん …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。