「 音楽プロデューサー考察 」 一覧

倉川知之公式サイト|ウィジット用(240-280)

【保存版】バンドや音楽を仕事にしていきたい人向けの話って聞きたい?

  音楽プロデューサーの倉川知也です。 最近、個人的に「うわー」と思うことがあるんですよ。   それは、 『音楽で喰っていくのにクソの役にも立たない情報を さも実用性があるように発 …

ミセスグリーンアップルさん|アー写

『Mrs. GREEN APPLE』さんの『鯨の唄』ってこれか!!!

蔦谷好位置さんが関ジャムでお話されてたバンドってこの方々か!     クラカワが高校時代に   「将来、絶対に音楽プロデューサーになる!」     と …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。