「 倉川知也|クラカワ トモヤ 」 一覧

no image

【LINE会員限定】知也塾ライン登録者さん限定の記事を実験的にはじめてみます

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   僕が主に 知也塾 名義で 『ほそぼそ』と運営している LINEアカウントの登録者さんが200名様を超えまし …

FenderJapan JazzBass サーキットマウント|画像

ベースの修理、シールドケーブル制作…メンテナンス三昧の日曜日

音楽プロデューサーの倉川知也です。   Sweetestでの活動が止まってから、 週に1回は休むように心掛けています。 理由は『効率が悪い』と思ったからです。   性格的に集中しだ …

SweetPowerSonics3rd 大宮JackBox1999年10月23日 for YouTube|画像

【秘蔵】SweetPowerSonicsの未発表ライヴ音源を発掘!!!

  音楽プロデューサーの倉川知也です。   このバンドが無かったら 音楽プロデューサーとしての倉川知也は 間違いなく存在しなかったであろう、という 『クラカワの出世バンド』 と言っ …

倉川知也|対談3

笑ってはいけない アメリカンポリス24時の批判について倉川が思うこと

ガキの使の笑ってはいけない 2017 アメリカンポリス24時の批判について   音楽プロデューサーの倉川知也です。   この手の時々ネタ等について基本、 書かないようにしていました …

TK写真|IMG_0023(370-370)

2018年、あけましておめでとうございます!!!

音楽プロデューサーの倉川知也です。 あけましておめでとうございます!!!   2018年になりました。 僕はこの、年が明けた瞬間の ワクワク感がとても好きです。   昨年も本当にお …

ありがとう、2017年。そして、倉川知也のこれから。。。

音楽プロデューサーの倉川知也です。   大晦日、ですね。   あなたにとって 今年はどのような1年でしたか?   楽しかったですか? キツかったですか? ステキな出逢いは …

KingTKロゴ(大)

倉川知也プロデュース事例 〜Tomoya Kurakawa’s Works〜

※各項目最新作順に掲載(随時更新中) 年 制作事例 2017年 ・日本インディーズ連盟 様 コンピレーションアルバム|『IMUJ-11000』 2017.09.18(Mon) Release 総合Pr …

激安ギター教室『知也塾』のワンタイムレッスンが出来た経緯|その1

1000円からのギター教室『知也塾』が出来た理由|その1   音楽プロデューサーの倉川知也です。   現在、ワタクシこと 倉川知也のレッスンを唯一受講出来るのが 私設音楽教室の『知 …

倉川知也 写真|IMG_0053

最強のギターシールド、楽器用ケーブルまとめ

音楽プロデューサー倉川知也の 最強のギターケーブル・楽器用シールド考察 音楽プロデューサーの倉川知也です 『最強の』というとちょっと仰々しいですが、 クラカワの約20年の音楽プロデュースキャリアの中か …

SweetestRecords|Logo(2017)_20171010

SweetestRecordsがWikipediaに掲載!?

Wikipedia に SweetestRecordsがに掲載!? もともとインターネット系が クラカワ的に結構苦手だったのですが、 「インディーズなんだから 自分で発信していかないと」 という御意見 …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。