「 投稿者アーカイブ:クラカワ トモヤ 」 一覧

Amplitube JC-120|画像

AmplitubeのJC-120が凄い!アンプリチューブのジャズコーラスモデリング レビュー&活用方法!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   クラカワ、やってしまいました。。。 ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   10年以上愛 …

Antelope|Edge Mic 画像

Antelope Edgeは絶対に買いだ!アンテロープエッジマイクを買うべき3つの理由

音楽プロデューサーの倉川知也です。   2000年台初頭にRODE(ロード)さんが RODE NT1 や NT2 などで コンデンサマイクの価格破壊をし、   NEUMANN/U 87 Ai …

Samplitude Pro X3|箱 画像

Samplitude(サンプリチュード)のバージョンアップが年内に!?

音楽プロデューサーの倉川知也です。   5月末に Presonus さんから 新しいStudioOne のリリース アナウンスがあり、   【送料無料】 プリソーナス 〔Win・Mac版/メ …

倉川知也|対談3

音楽を仕事にするセミナー 〜音楽で喰っていく方法〜 を開催します

2018/07/31   -セミナー|Seminar

音楽プロデューサーの倉川知也です。   2018年9月に 『音楽をゼロから仕事にするには』 というセミナーを開催予定です。 ------------- 倉川の過去実績に関しては →コチラから …

AntelopeAudio Discrete|画像

Antelope Discrete シリーズを買うべき3つの理由|Discrete8・Discrete4

音楽プロデューサーの倉川知也です。 ようやっと、このネタに着手することが出来ます。   そうです!!! Antelope Audio (アンテロープオーディオ) さんの Discrete8 …

Propellerhead Reason 画像

Reasonが立ち上がらない!?問題はカスペルスキー???

音楽プロデューサーの倉川知也です。   クラカワはMac と Windows両環境で 音楽制作をしているのですが、 少し前に Propellerhead(プロペラヘッド) さんの Reaso …

倉川知也のほろ酔い雑談94|サントリー 海の向こうのビアレシピ〈オレンジピールのさわやかビール|動画 サムネイル

パナソニック GH3 今までありがとう!|サントリー 海の向こうのビアレシピ – オレンジピールのさわやかビール – 編|倉川知也のほろ酔い雑談94

パナソニック GH3 今までありがとう! サントリー 海の向こうのビアレシピ  -オレンジピールのさわやかビール – 編 倉川知也の音楽ほろ酔い雑談94   ・あの『倉川知也の音 …

Arturia 3Preamps|バンドル 画像

Arturia『3Preamps』ってどう?!|アートリア スリープリアンプ について

音楽プロデューサーの倉川知也です。   Arturia さんの 3Preamps というプラグイン Arturia 3 PREAMPS 価格:27950円(税込、送料無料) (2018/7/ …

Samplitude Pro X3|箱 画像

MAGIX Samplitude|サンプリチュード ネット資料まとめ。

音楽プロデューサーの倉川知也です。   タダでさえ日本で情報の少ない マジックス さんの サンプリチュード。 クラカワの備忘録的にエントリに 出来る限りまとめていきたいと思います。 &nbs …

Samplitude Pro X3 Suite|通常盤 画像

Samplitudeが激安セールしてる!!!【2018年8月12日まで延長】※まだやってんのかよ!wwww

※2018年8月8日(水)更新。 (てか、まだセールやってやがりますwwww) 音楽プロデューサーの倉川知也です。   先日から、MAGIX社さんの Samplitude(サンプリチュード) …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。