倉川知也|クラカワ トモヤ 音響機材のお話 音楽プロデューサー考察 シールド・ケーブル

最強のギターシールド、楽器用ケーブルまとめ

投稿日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



音楽プロデューサー倉川知也の
最強のギターケーブル・楽器用シールド考察

倉川知也 写真|IMG_0053

音楽プロデューサーの倉川知也です

『最強の』というとちょっと仰々しいですが、
クラカワの約20年の音楽プロデュースキャリアの中から
オススメの楽器用ケーブルについて
いろいろとお話していきたいと思います。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



※てか、あくまでも倉川の私感ですので
その辺はご容赦くださいねw

 

楽器用ケーブルを選ぶ際の秘訣

 

「倉川さん、どんなシールドを使えばいいんですか?」

このような質問を結構戴くのですが、

クラカワが思うに、
楽器用シールドを選ぶのって
それほど難しいものではないんですね。

 

かなり暴力的かもしれませんが、
倉川的に音楽用のケーブルって、
大きく分けて2種類だと思っています。

 

それは、

単線(たんせん)

捻り線(よりせん)

の2種類です。

 

単線(たんせん)というのは
『線材が1本の針金のようなもの』

捻り線(よりせん)というのは
『線材が細い線を束ねてあるもの』

というものです。

 

「より線」とは芯線が複数本の素線でできた電線で、
「単線」とは上の写真のように芯線が1本の導体でできた電線です。

電気の資格とお勉強 様サイトより引用

 

この2つの選択肢で実に音が変わるのです。

 

→ 続く
(音楽に於ける『単線』『捻り線』のメリット・デメリット)



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

> 続きを読む 

-倉川知也|クラカワ トモヤ, 音響機材のお話, 音楽プロデューサー考察, シールド・ケーブル

執筆者:

関連記事

倉川知也|対談3

なんでも否定的に見ることが音楽家にとって致命的である理由について

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   本日も割と挑戦的なお題でお話していきますw ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   さて …

倉川知也|IMG_0063

倉川知也 (クラカワ トモヤ) とは

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   Contents1 音楽プロデューサー|倉川知也(クラカワ トモヤ) とは1.1 倉川知也|クラカワ トモヤ Profile2 Tomoya …

no image

【続報】Universal Audio Arrow|情報まとめ

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー UAD Arrow 情報まとめ ICONさんのUAD Arrowの動作関連の続報を発見しました。 Universal Audio Arrow、推奨動作環境は …

ミセスグリーンアップルさん|アー写

『Mrs. GREEN APPLE』さんの『鯨の唄』ってこれか!!!

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 蔦谷好位置さんが関ジャムでお話されてたバンドってこの方々か!     クラカワが高校時代に   「将来、絶対に音楽プロデューサ …

倉川知也|対談3

ギタリスト鈴木健治さんのブログが素晴らしい 〜クリエイターが田舎へ移住するメリットについて〜

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 鈴木健治さんが提唱する 音楽家が田舎へ移住するメリットを考える2 倉川知也がギタリスト鈴木健治さんにドハマりした理由3 倉川知也の夢「い …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。