音楽ビジネス 倉川知也|クラカワ トモヤ 音楽プロデューサー考察

【保存版】バンドや音楽を仕事にしていきたい人向けの話って聞きたい?

投稿日:2017年3月21日 更新日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

音楽プロデューサーの倉川知也です。

最近、個人的に「うわー」と思うことがあるんですよ。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

それは、

『音楽で喰っていくのにクソの役にも立たない情報を
さも実用性があるように発信している』

という風潮があるからです。

 

例えばこういう例。

 

①インターネットで認知されやすくなったから、云々…

あるあるですよね?笑

もうね、こういう誰でも考え付くようなことを
さも「知ってるぜ」的にドヤ顔で発信してること。。。

それだけでなく、そんな話を聞いただけで
ありがたがっちゃう人もどうかと思います。

 

だって、これだけ身近になった
YouTube や Twitter 、Facebook。。。

そんなのみんな使うじゃないっすか。

 

受験とかで『偏差値』というものがありますが、
これって 偏差値50を中心とした
『全体』からの『相対』的な評価なんですね。

 

要は貧富の差で例えれば、偏差値50で平民。

50未満は貧民クラス。
50より上は富豪に近づく、というイメージ。
すでに『みんなが氣軽に使える』ってことは、
ネット上での『偏差値基準』は相当に高くて、

もう、どれだけやってもなかなか
偏差値を1つ上げるにも熾烈な闘いを強いられるわけですね。

 

試しにYouTubeでアマチュアさんの
『歌ってみた』とか『弾いてみた』とか
オジリナル曲やMVとか探してみてください。

人生掛けても全て観きれないほどの
膨大な動画の量の多さに辟易とすると思います。

 

メジャーアーティストさんを含めたら
ここで勝っていこうとすることがどれほどの
至難の技なのかがよくわかると思います。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

> 続きを読む 

-音楽ビジネス, 倉川知也|クラカワ トモヤ, 音楽プロデューサー考察

執筆者:

関連記事

倉川知也|対談3

電源で音が変わる!?関西60Hz&関東50Hz論争について

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也(クラカワ トモヤ)です。 あまりに嬉しすぎるのでエントリー立てます(笑   関東と関西で楽器や音響機材の音が変わるっ …

倉川知也 写真|IMG_0053

【10名限定】音楽で喰っていく方法 〜秘伝の動員ノウハウセミナー解禁〜

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー バンドさん、ソロ歌手さん、 動員や音楽で喰っていくためのノウハウに興味はありますか? 音楽プロデューサーの倉川知也(クラカワ トモヤ)です。   …

倉川知也|対談3

なんでも否定的に見ることが音楽家にとって致命的である理由について

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   本日も割と挑戦的なお題でお話していきますw ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   さて …

倉川知也|対談3

ギタリスト鈴木健治さんのブログが素晴らしい 〜クリエイターが田舎へ移住するメリットについて〜

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 鈴木健治さんが提唱する 音楽家が田舎へ移住するメリットを考える2 倉川知也がギタリスト鈴木健治さんにドハマりした理由3 倉川知也の夢「い …

no image

【LINE会員限定】知也塾ライン登録者さん限定の記事を実験的にはじめてみます

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。   僕が主に 知也塾 名義で 『ほそぼそ』と運営している LINEアカウントの登録者さんが200名様を超えまし …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。