DAW お得情報 音響機材のお話 Presonus|プリソーナス

Presonus 社 StudioOne の無償提供アドオンを使ってみた|Plugin Alliance プラグイン 編

投稿日:2017年3月15日 更新日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

プリソーナスがスタジオワンユーザーに強力プラグイン集を無償提供中!?

 

先日、この記事でも書いたんだけど

https://tomoya.kurakawa.info/blog/archives/550.html

 

プレソナス (正確にはプリソーナス?) さんが
StudioOne3 ユーザーにひっそりとサードパーティープラグインを
無償で提供してくれてたのを発見して。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

Presonus|無償サードパーティー プラグイン提供 画像(※StudioOneユーザーさんは上記画像をクリックするとページに飛べるよ!)

 

オイラは目を疑った訳なんだけど。。。

 

んで、ちょっと使ってみて驚愕の事実に氣付くという。。。

 

実は、Plugin Alliance さん系のプラグイン、
過去にちょっと触ったことがあって、

「なんで有名エンジニアさんがあそこまで評価すんだろなー」

って不思議に思うぐらいだったのね。

 

正直、「そこまで評価するほどじゃないんじゃね?」的なw
(なんか随分上からだなオイw)

 

さらにびっくりなのが、今回バンドルで提供されてる
Brainworx bx_opto と Maag Audio EQ2 だって

・Brainworx bx_opto $149
・Maag Audio EQ2 $149

こんな強気な価格だったりするワケで。。。

 

プラグインの種類1つで
日本円にして1万8千円ぐらいするなら
「そんなら他の買うよ!」

って思わない?
オイラだけ?苦笑

 

ま、んで、
今回良い機会だから使ってみようと思って。

タダでもらえるワケだからね。

 

で、その後、クラカワはぶっ飛ぶワケですが。。。(笑

 

 

→ 次のページへ
「Plugin Alliance さん、Brainworx さん!自分間違ってました!!!」



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

> 続きを読む 

-DAW, お得情報, 音響機材のお話, Presonus|プリソーナス

執筆者:

関連記事

Adobe Creative Cloud|ロゴ大

【注意】Adobe Creative Cloud(アドビ クリエイティブ クラウド)を契約する際に氣をつけること

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   これはまさに僕がハマったお話。   そして、1年も待たなければならず、 当然、費用を払い続けなければならなかった、 というお話です。 …

Presonus StudioMagic|画像

Presonusさんの無償提供プラグイン バンドルの話|続報

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー プレソナスさんの無償プラグインバンドルって 『Studio Magic (スタジオマジック)』っていうのか!   とうとう、Presonus (プ …

StudioOne動画セミナーVol.01~初期画面操作解説~|サムネイル用

StudioOne動画セミナーVol.01 ~初期画面操作解説~

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 PreSonus StudioOneのセミナー動画をつくってみた2 使いやすいDAWであるStudioOne。でも初心者には。。。3 超 …

Shinya's Studio|1U76コンプレッサー画像

クラカワの叩くドラム演奏をデモ動画に使って戴きました!|Shinya’s Studio 1U76 コンプレッサー 編

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也(クラカワ トモヤ)です。   最近、『知也塾』のTwitterで https://twitter.com/Tomoy …

motu_2408mk3(表)|画像

MOTU 2408mk3 Review|倉川知也のオーディオインターフェースレビュー

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 【お詫び】 なるべく簡潔に書こうと思ったのですが、思った以上に結構な文字数になってしまいました。。。 かなりボリューム感があるかもしれません。お時間のある時 …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。