倉川知也|クラカワ トモヤ

倉川知也 (クラカワ トモヤ) とは

投稿日:2017年2月11日 更新日:



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

音楽プロデューサー|倉川知也(クラカワ トモヤ) とは


ー Tomoya Kurakawa 

 

倉川知也|クラカワ トモヤ Profile

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

SweetestDreamer2005-09|日程表



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。

アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

TK Produced Albums|ジャケット表

 

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、

ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。

 

レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、

「倉川サウンドは映像が見える」

と評価される。



ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー



 

Tomoya Kurakawa’s Produced Songs

-倉川知也|クラカワ トモヤ

執筆者:

関連記事

TK写真|IMG_0023(370-370)

Independent Music Union Japan V.A Vol.01 クロスフェードデモ(XFD)

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也です。 日本インディーズ連盟 様 (Independent Music Union Japan) 第一弾コンピレーションアルバム …

倉川知也のほろ酔い雑談94|サントリー 海の向こうのビアレシピ〈オレンジピールのさわやかビール|動画 サムネイル

パナソニック GH3 今までありがとう!|サントリー 海の向こうのビアレシピ – オレンジピールのさわやかビール – 編|倉川知也のほろ酔い雑談94

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 パナソニック GH3 今までありがとう! サントリー 海の向こうのビアレシピ  -オレンジピールのさわやかビール – 編1. …

no image

知也塾|ブログ記事

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー Contents1 総合音楽教室 知也塾|ブログ記事2 保護中: LINE会員様限定投稿|【悲報】あと4日です。3 保護中: 倉川知也『愛弟子プログラム20 …

倉川知之公式サイト|ウィジット用(240-280)

【保存版】バンドや音楽を仕事にしていきたい人向けの話って聞きたい?

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー   音楽プロデューサーの倉川知也です。 最近、個人的に「うわー」と思うことがあるんですよ。 ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー &nbsp …

倉川知也|対談3

【暴露】サプリメントは効きません・プロテインダイエットの嘘|栄養食品市場の闇とは

ーーーーー スポンサードリンク ーーーーー 音楽プロデューサーの倉川知也(クラカワ トモヤ)です。   クラカワは仲間内の間では 『健康オタク』と言われています。 ーーーーー スポンサードリ …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。