音楽ビジネス

音楽でマネタイズしなければホンモノではない

投稿日:2015年1月22日 更新日:

音楽プロデューサー|倉川知也

音楽で『お金を戴く』ということの意味

 

今日は結構手厳しい内容です。

 

僕は、音楽プロデューサーだけでなく、『知也塾』などの音楽教室、
その他ビジネスについても割と手広くやっていますが、

正直、

「自分のやりたいことで稼げないとホンモノではない」

と思っています。

 

何かコンテンツを収益化することを『マネタイズ』と言います。
この『マネタイズ』を出来るということについて
僕はとても深い意味があると思っています。

 

バンドやソロ、ミュージシャンなど音楽をやっている方は
『お金を戴く』という事について
敬遠される事が少なくないと思います。

 

僕もその一人だったんですよ。

 

 

『音楽』で『お金』を支払ってくださることの重み

 

しかし、僕はあるとき気づいたんです。

 

それは、

『お金を支払ってまで欲しいと思って下さることの価値』

です。

 

 

『お金』というものは基本、働いて得るものですよね。

 

そう考えると『お金』はその方の時間と労力の結晶。

 

しかも、『仕事』というものは人生に於いて
1/3以上の時間を費やすと言われています。

 

ということは、

『お金』= その方の人生 そのもの

という考え方も出来ると思うのです。

 

 

お金から見るアーティストとしての在り方

 

その『お金』を支払ってまで、
僕の創った、関わった作品を手にしてくださる。。。

 

それって、本当に嬉しい事ですし、
改めて『身が引き締まる』想いです。

 

「音楽でマネタイズする。。。」

 

衣食住に入らない、生活必需品ではない

『音楽』

というものでマネタイズするのは相当なパワーと
創造力、企画力、広告力。。。

 

一般のビジネスに比べ、様々なものが必要となります。

 

しかし、根本は

「お一人、お一人の方の心に響く」

というものだと思います。

 

仮にも『アーティスト』を名乗るのであれば
1円でも、1人だけでも『御代』を戴くという

『プロ意識』

と責任感を以て活動していくべきだと僕は思います。

 

 

 

-音楽ビジネス
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

X Japan|We Are X|写真2.jpg

X JAPAN『We Are X』を観て想う|概要レビュー (ネタバレなしw)

  Contents1 X JAPAN の 映画 『We Are X』を観てきました。2 倉川少年と X(エックス) というバンド X JAPAN の 映画 『We Are X』を観てきまし …

倉川知也 写真|IMG_0053

【10名限定】音楽で喰っていく方法 〜秘伝の動員ノウハウセミナー解禁〜

バンドさん、ソロ歌手さん、 動員や音楽で喰っていくためのノウハウに興味はありますか? 音楽プロデューサーの倉川知也(クラカワ トモヤ)です。   あなたは今、バンドを組まれていますか? 弾き …

倉川知也|対談3

ギタリスト鈴木健治さんのブログが素晴らしい 〜クリエイターが田舎へ移住するメリットについて〜

Contents1 鈴木健治さんが提唱する 音楽家が田舎へ移住するメリットを考える2 倉川知也がギタリスト鈴木健治さんにドハマりした理由3 倉川知也の夢「いつかは東北へ帰りたい」4 実際、田舎暮らしと …

音楽プロデューサー|倉川知也

倉川知也の『TK’s RADIO』|第1回目

Contents1 2014年10月24日(Fri) 倉川知也の『TK’s RADIO』|試運転第1回目2 倉川知也の『TK’s RADIO』|第1回 YouTube3 倉川知也の『TK’ …

倉川知也|対談3

なんでも否定的に見ることが音楽家にとって致命的である理由について

音楽プロデューサーの倉川知也です。   本日も割と挑戦的なお題でお話していきますw   さて、クラカワの若い頃は、 本当に合理主義で徹底的に効率を求めて 周囲から見れば、なんともは …

友だち追加
 

倉川知也|関連リンク


SweetestGROUP

ギター教室|『知也塾

 

よく読まれている記事


音楽プロデューサー
Tomoya Kurakawa

2000年にインディーズレーベルを立ち上げ、
約5年で月間イベント本数最高42本、
関連アーティスト随時約300組、
埼玉だけでなく東京・千葉・神奈川など
関東圏で驚異的なイベント開催数及び
影響力を誇るシーンを形成。

自主レーベルでオムニバスアルバム11枚、
単独アーティストのリリースで8枚全64組。
アーティストの音源プロデュース、
発掘・育成に至っては約1000組以上に及ぶ。

全く無名であったアーティストや
初心者レベルから関わったアーティストを
渋谷O-WEST、O-EAST、渋谷AX、
ZeppTokyo、渋谷公会堂などの
大会場への出演出来るまでに押し上げ、

有名音楽雑誌 Pleyerの音楽ライターで、
高校からの盟友である北村和孝に

「クラさんが埼玉県南の音楽シーンを
 底上げしたのは間違いない」

とまで言わしめるまでになる。


レーベル運営の傍ら、企業イメージ楽曲や
外部アーティストのプロデュースなど
精力的に行っており、
「倉川サウンドは映像が見える」
と評価される。